各種工事対応実績写真

HISTORY

1.施工前 経年の劣化・汚れやひび割れが見受けられます。

2.既存シーリング材撤去 カッター等を用い、既存のシーリング材を撤去します。

3.清掃 撤去後のカス等を除去します。

4.プライマー塗布 下地とシーリング材の接着効果を高める効果のあるプライマーを塗布します。

5.シーリング材充填 シーリング材を隙間なく充填します。

6.ヘラ押え ヘラ等を用い、表面を綺麗に均します。

7.施工完了

シーリング工事タイル目地

*概要

主に建物の外壁タイルとタイルの隙間に打ち込まれた目地、いわゆるシーリングの張り替えを行います。
シーリングには様々な効果があります。

防水効果
シーリング材が目地に隙間無く詰められることで、湿気や雨水などが目地の隙間から屋内へ侵入するのを防ぎます。結果として、タイル下のコンクリート材やセメント材、木材などが腐朽することも防ぎ、建物の全体的な耐久性、保持性が向上します。

耐震・免震効果
シーリング材は弾力性のある樹脂で出来ているため、地震で建物が揺れた際に振動の緩衝材となります。また、腰の高さより少し高い壁や、バルコニーの壁との境にも目地を作っておくことで、地震の際にそれぞれのパーツが別の動きを取るため、衝撃を分散するという免震効果も得られます。

断熱効果
シーリング材は熱を逃しにくく、伝えにくい特性を持っているため、外の暑さや寒さに建物内部の室温が影響されるのを防ぎます。

 

*工事の流れ

1. 現地調査
シーリングの経年劣化度を確認し、状態に応じて新しいシーリングに張り替えるべきかの見極めをします。

シーリングはゴムに近い材料です。そのため経年劣化によって伸縮性や弾力性が減ったり、乾燥して痩せてしまったり、ヒビ割れが生じます。
また日当たりが悪く、湿気の高い場所にあった場合、カビや藻が発生することもあります。これらの傾向が見られた場合、シーリングの張り替えタイミングです。

一見シーリング自体は張り替えタイミングで無くとも、シーリング周辺の外壁塗装のタイミングなどに合わせ、予防的に新しく張り替えることもおすすめです。

シーリングの保証期限は約5年と言われています。外壁塗装のタイミングは約10年周期のため、一緒に張り替えるタイミングとしてはバッチリです。

2. シーリングの除去
細かなところに届く器具を使って、先に張られていた劣化しているシーリングを綺麗に取り除きます。
溝の底に付着していた接着剤まできっちり剥がすことで、新しく張り替えるシーリングの仕上がりが大きく向上します。

3. 養生貼り
シーリングがはみ出したり、余計なところに付着しないように養生と言われる保護テープを貼ります。
シーリングが詰め込まれる部分を明確にする境界線、または誘導線の役目も果たします。

4. プライマーの塗布
シーリングを詰める溝の底に壁材とシーリングの密着度と定着度を上げる液体を塗布します。
いわゆる接着剤の塗布です。

5. シーリングの充填
シーリングを注入する器具を使って、タイルの目地にあたる溝にシーリングを詰め込んでいきます。

6. 仕上げ
専用のヘラを使い、余分にあふれ出てしまったシーリングを除去したり、詰めの甘い部分にシーリングをきっちり詰め直したり、表面を滑沢にならしていく工程です。
この仕上げにより、防水性能や耐震・免震効果、断熱効果などがしっかり付与されます。

 

*緊急時も修復対応

シーリングは場所によっては人目に付きにくく、長年住んでいる人でも劣化状況が分からないことがあります。
そのため、ある日突然劣化部位から雨水が侵入し、雨漏りへと発展することもあります。

雨漏りは緊急性がある修復前状態です。したがって、弊社にご相談いただければ迅速にお見積もりをした後、素早く修復対応をいたします。

 

*料金の目安

シーリングは外壁タイルなどと異なり、数量が枚数や広さなどから費用を算出することは基本的に出来ません。

一般的には目地の幅、奥行き、長さの掛け合い、いわば充填する体積から費用を算出する仕様です。
一方、材料の選択によっても費用は異なります。

幅、奥行き、長さでケースバイケースですが、材料次第でリーズナブルな張り替えが可能です。

 

*工期の目安

工期もまた、幅、奥行き、長さで異なります。

しかし、普通の3、4階建てマンションの外壁タイル目地を張り替える場合、約1週間〜10日ほどで完了します。

多くは、タイル目地だけでなく、窓の周りやバルコニー周りの目地の張り替えにかかる工期も含んだ場合がほとんどです。