各種工事対応実績写真

HISTORY

1.施工前

2.既存タイル撤去及び清掃

3.新規タイル貼り付け

4.目地埋め

5.施工完了

タイル張替え工事駐車場入口

*概要

エクステリアデザインとして、人が通る動線上であるエントランスの床や階段などに床タイルを用いる建物が多くあります。そのデザインの一環に、玄関から駐車場へとタイルが続くものがあります。

そういったデザインは時として、車が駐車場へ入ろうとして敷かれたタイルを踏んでしまうため、注意が必要です。経年劣化が進むとタイルが荷重に耐えられず、ヒビ割れが生じる場合があるためです。そのような際にタイル張り替えが必要となります。

他にも、経年劣化で自ら割れるケース、何か重い物が落下して割れたケース、地震や、積雪による荷重などの外的要因で割れるケースもあります。基本的には全てのタイルを張り替えるのではなく、割れてしまったタイルを一部分のみを張り替える工事になります。

 

*工事の流れ

1. 現地調査
実際にタイルがどのように、どこまで、何枚割れているかを具体的に調査します。

2. 割れたタイルの除去
タイルの張り替えが必要な、割れたタイルを専用の器具で取り除きます。

3. 新しいタイルの敷き張り
除去された部分に新たに密着と定着をさせるモルタルを塗布し、必要な部分にタイルを敷いて行きます。

一方、デザインに合わせた張り替えも可能です。
例えばタイルで出来た道の終わりに出来る角を丸くしてあるものであれば、そのデザインに合わせて新しいタイルをカットし、敷いていきます。

 

*弊社の強み

床タイルが割れる原因は大きく分けて2つあり、古いだけで割れたパターンと外的要因で割れたパターンによるものです。
そのため弊社では、外的要因の内容と頻度次第で、床タイルの種類を変える提案をいたしております。

例えば、割れているエリアが車の動線上で日常的に負荷がかかっているのであれば、丈夫なタイル、あるいはタイル以外のデザインにすることをお客様に提案いたします。一方、そのままのタイルをご希望であれば、樹脂で出来たシーリング材を緩衝材として注入する提案などもございます。

このように、お客様の求めるエクステリアデザインが少しでも長く保持するよう、弊社では様々な角度からお客様のご希望に沿ったご提案をいたします。

 

*料金の目安

床タイルは様々な材質、形状があるため、1枚いくらといったことを一律にはお答えすることが出来ません。
一部のみの修復とはいえ、タイルの取り扱いメーカーによっては10枚、20枚ずつでいくらというケースもあります。
基本的には必要タイル5枚で5万円前後です。
(交通費、諸経費は別途にかかります)

 

*工期の目安

四角いタイル10枚であれば、下地を調整する工程を含め、工期は一日です。
デザインによっては、タイルの加工が必要であれば、仮に10枚以下でも、多少工期が延びる可能性があります。