カテゴリー
全てのブログ 防水工事 外装シート系工事 工種別一覧

子ども達のためのプール缶体防水工事

 たとえばこんな、防水工事

 皆様の周囲には “どうにかしなければならないお悩みの現場” はありますか?

 自分で対処できない規模ともなれば、業者に防水工事の見積もりを依頼することが多いですよね。

 ところで防水工事って、具体的にどういうことをするのでしょうか?

『 たとえばこんな、防水工事シリーズ 』では、数ある漏水補修・防水工事の実績から特徴的なものをピックアップし、 各工程と施工のポイントをブログ形式で紹介していきます。
 業者への依頼や見積もりの比較に悩んでいる方々にとって充実した内容となっておりますので、ぜひご覧ください。

今回は、プール缶体に防水工事を施していきます。

Before
After

 beforeからafterになるまでの工程をなぞっていくことで、防水工事がどのように行われているのかが見えてくるはず!

この規模に対する工事期間や、作業の要点についても解説していきます。
少し知恵のついたよーこ
施工の舞台は、
子ども園の小さなプール缶体。

 子ども達が元気に走り回っている園内の傍に、老朽化の片鱗が垣間見えるプールがありました。まずは現場の形から見ていきましょう。(↓クリックすると拡大します。)

 この現場で防水工事をする目的は、水被害に侵されたプール缶体と周囲の空間設備を、 夏のプール開きに向けて新しくリニューアルすること。
 そこで躯体のどこか悪くなっているのか、防水の種類はどれが適切か、念密な現地調査による現場の分析を完了させたのち、施工手順を組んでいきます。

施工の手順

  1. 洗浄作業
  2. └プール缶体全体を高圧洗浄機で洗浄します。
  3. 塗装作業
  4. └鉄部や側溝に防水機能のある塗料を塗ります。
  5. 防水シートの撤去
  6. └既存の防水シートを全て撤去します。
  7. 防水シートの取り付け
  8. └新しい防水シートを取り付けていきます。
    ①FLステンレス銅板(固定金具)
    ②アルミテープ
    ③塩化ビニール樹脂のプールシート
    ④YKプールシート防滑性シート
    ⑤シーリング

 今回の防水工事の種類は 「塩化ビニールシートを使用し、機械的工程工法」 です。プール缶体の防水シートを新しいものに貼り替えていきます。

 施工手順通りに、プールのシートを貼り替えて、子ども達が夏に思いきり楽しめるような場所にしてあげましょう!

 1. 洗浄作業
1日目

 まずは汚れの除去から始めていきます。
 高圧洗浄機を用いて、目に見えない古い塗膜から明らかな土汚れまで洗い落としていきます。

 排水口の蓋まで念入りに洗いながら、現場の環境を綺麗に整えています。
 洗浄作業を怠ることによって 防水層の密着不調や塗膜の膨らみが発生してしまうこともある ので、抜かりなく作業を進めていきましょう。

一晩をかけて洗浄面を乾かします。
 2. 塗装作業
2日目
鉄部塗装

 まずは、プール缶体を囲う周辺設備を調査します。すると、 塗膜剥離による鉄部の露出や、長年水を浴び続けた事情による錆び が見つかりました。

 そこで防水剤を混ぜた塗料を使用し、塗布面の見た目を整えつつ、水に耐性を持つ強い塗膜を作っていきます。

新米のよーこ

あれ?防水シートを貼り替える工事なのに塗装作業もするの?

知恵のよーこ

はい!本施工の要は防水シートの貼り替えですが、プール設備全体の修繕工事も請け負っているため、まずはこちらの作業から完了させていきます。

その他の塗装作業

 文字通り、旧防水シートを除く全ての箇所を修繕及び塗装しました。

プール場を囲うフェンスは薄茶色に。
プール缶体の側溝は青色から白色へ。
眼洗い周りの壁も真白く塗り替えました。
 3. 防水シートの撤去
12日目

 ここから防水シートの施工に取り掛かります。古いシートはどんどん撤去していきましょう。

工事用のカッターで切っていきます。
躯体が現れました。
防水層の断面図。
横図から、シートがどのように接着されていたのかが分かります。
このビスは最後に取り除きましょう。

 モノとモノの交差面はビスが密集しており、接着面の力が強い為、非常に剥がしにくくなっています。そこで、様々な道具を用いてシートを取り除いていきます。

まずはバールと腕力で引き剥がします。
硬化部分は、電動機械で削ります。
綺麗になりました。

 防水シートの撤去が一通り完了しました。最後に、躯体に打ちこまれているビスを切り落とし、プール缶体の各面を真っ平にしていきます。

新しい防水シートを貼る上で邪魔になってしまいます。

 半日で防水シート全体の4割を剥がし終わりました。

15日目
防水シートの撤去完了
4.防水シート取り付け
16日目

①FLステンレス銅板(固定金具)

 初めに、防水シートを固定するための専用の銅板を取り付けていきます。シートが仕様書の通りに接着できるよう、予め銅板の形や向きを加工する必要があります。

躯体に合わせて長さを測ります。
形に沿うよう折り曲げたり、不要な部分はカットします。
幾度も位置合わせを行い、その都度角度や長さを調整します。
最終的に、銅板の形が躯体にピッタリ沿うよう突き詰めます。

 銅板の加工が済んだので、躯体と固定していきます。

穴を開けます。
ネジを打ち込みます。
ココが大切

 銅板と銅板の隙間は、一定の間隔を空けておくよう工事の標準仕様書で定められています。 これは、 板の上に大きな衝撃がかかった際、銅板同士が衝突し合って破損を起こさないようにするための工夫なのです。

知恵のよーこ
シートの貼る位置を想定して、銅板を固定していきます。
鉄部の周囲

②アルミテープ

17日目 午前

 銅板(固定金具)のジョイント部分にアルミテープを貼っていきます。 これは一体、何のための作業なのでしょうか?

新米のよーこ

ついさっき、わざと隙間を開けるのが大切だって言ったばかりなのに、どうして塞いでしまうの?

知恵のよーこ

まあまあ。これは銅板の上にシートを貼り付けた際に、段差が生まれないよう、表面部の凹凸をなだらかにするための大切な工程なんです。

新米のよーこ

つまり…調整作業みたいなもの?

知恵のよーこ

その通り!このような 小さな工程を丁寧に進められるかどうかが後々のクオリティ(耐久性や防水性)に繋がっていきます。

③塩化ビニール樹脂のプールシートの貼りつけ

17日目 午後

 プールシートを銅板の上に貼りつけていきます。手段として ①接着剤で貼りつける方法 ②プールシートを溶かして融着させる方法 を組み合わせていきます。

プールシートは事前にカッティング済みです。
角段差の長さと幅に合わせたシートを貼りつけていきます。

①接着剤で貼りつける方法
 貼りつける面と貼りつけられる面の隙間を埋めるようハケを滑らせながら接着剤を塗布していきます。主に平らな面を接着していく方法です。

銅板とプールシート。

②プールシートを溶かして融着させる方法
 高温度の熱風機を用いてプールシートを柔らかく加工します。さらにシート同士の隙間に熱風を流しこむことで相互間を融着させる事ができます。

シートを柔らかくします。
超高温度の熱風を流し続けていると、
シート同士が融着されます。
 融着の仕組み

 シートが溶け合い、接着されている様子が分かります。

小学校 中学校 プール 防水 塗装 工事 シート小学校 中学校 プール 防水 塗装 工事 シート

 吹きつけ過ぎるとこのように焦げしてまうので、 経験による感覚操作が大切になってくる 難しい作業です。

 融着後の作業に戻ります。

角材を用いて段差の角を出していきます。
余った部分は、ハケと接着剤で。
塗った部分を手でしっかり押さえるのもポイント。
 排水口の様子
まずはシートを柔らかくして
被せます。
不要な部分はカットしていきます。
大雑把な貼りつけはしません。
こちらも熱風機で溶着させます。
非常に綺麗に仕上がりました。
塩化ビニール樹脂の
プールシートの貼りつけ完了

④YKプールシート防滑性シート

28日目

 次は防滑性シートの施工を行います。プール缶体内の段差の上面に貼り付けることで、子どもたちがプール内で滑って転ばない為の大切な役割を果たします。

一種類目のプールシートと同じように、ハケと接着剤を使用します。
近づいてみると細かな凹凸がよく分かります。

⑤YKグリップシート_プールサイド

34日目

 立上りの部分にも滑り止めの役割を担うグリップシートを貼りつけていきます。

明度の高いライトグリーンのシートです。
青色の防滑性シートとは表面の凹凸に違いがあります。

⑥シーリング

38日目

 最後に、シーリング工事を施して施工完了です。

シールを打ちこみます。
各箇所に適した塗料を塗ります。
 施工完了
45日目

 少数精鋭の職人の方々と1ヶ月半の施工期間を経て、 彩り鮮やかな新しいプール缶体へと進化しました!

 子ども達から「プールの色が変わってる〜!」という嬉しそうな感想をもらえたのが何よりの喜びです!

子ども達のためのプール缶体防水工事、無事に完了しました。
皆様の周囲にはお悩みの現場、ありませんか?
山陽工業は塗装・防水工事に特化した専門業者です。
診断からお見積もりまで無料で実施致します!
カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 工種別一覧

タコ遊具にイラストを描く塗装工事 : 後編

※こちらの記事はタコ遊具にイラストを描く塗装工事 : 前編の続きになります。

 前回、タコ遊具の塗装の塗り替えが完了しました。後半は、いよいよイラストを描いていきます!

施工の手順(後半)

  1. 下描き
  2. 下絵を描いていきます
  3. ペン入れ
  4. 一本の輪郭線に仕立てていきます。
  5. 彩色
  6. 色を塗り分けましょう。
  7. 縁取り
  8. 塗料を縁取って完成です!

 イラストの詳細は公募により小学生の男の子が描いてくれたデザインに決まりました。下記の図面通りに彩色をしていくのが重要になっていきます。(クリックすると拡大します↓)

1. 下描き

 まっさらなタコくん(ちゃん?)の姿もこれで見納めですね。施工が終わった後は、カラフルな姿に生まれ変わっている筈です!

施工後を知っている身としては、
顔の辺りに物足りなさを感じてしまいます。

 イラストを描くからといって、いきなり色塗りから入る訳にはいきません。まずはチョークを使って、墨出しならぬ下描きから入っていきます。

乾いた塗膜の上からそのまま描いていきます。 

 素材がチョーク粉なので、自由に描いたり消したりと調整できます。紙に絵を描く場合で例えると、この工程は鉛筆によるラフスケッチの段階ですね。

布で擦ると簡単に消えます。

 用意されたデザインの図面に従って、順当に形を決めていきます。 

与えられた図面を参考にしながら、遊具に下絵を描いていきます。 
どこかを見ているタコ 。どこを見ているんだろう。

絵の大きさや位置に注意しながらチョークの段階で何回も描き直します。

 タコの遊具ですので、色々な箇所にタコのイラストを描いていくのですが、進めていくうちに、足の形や長さが上手く決まらないことも・・・。

  • 公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 下書き
    タコ足の遠近感が掴みづらいみたい。

 四苦八苦を重ねた末に、下絵を描き終わりました。

2. ペン入れ

 次は、チョークで描いた下描きの上から、ダーマトグラフと呼ばれる道具で一本の輪郭線に仕立てていきます。 

やさ〜しく描いていきます。

 一度付けたら消すことが出来ないだけあって、指先も自然と集中していきます。 

次第に、タコの表情も見えてきました!

3. 着色

 タコ遊具を文字通り華やかに仕立てるために、溶剤を混ぜ合わせ、色とりどりの塗料を作っていきます。

こっそり硬化剤も混じっています。

 作った色をすぐにでも塗っていきたいところですが・・・

 下塗りから始めていきます。いきなり本命の塗料を付けてしまうと、土台となっている遊具の色が透けてしまい、奇妙な色合いになってしまいます。

まずはキャンパスを真っ白にすることから始めないといけないんだね!
遊具の水色が透けないよう、白く塗っていきます。

 ダーマトグラフの線に沿ってイラストのシルエットが浮かんできました。1回のみでは塗膜の層が薄いため、まだ遊具の色が透けてしまいます。ここから最低2~3回は塗料を重ねていきましょう。

2回目の下塗りです。
3回も塗ると、白の色合いがかなり濃くなってきました。

 下塗りの塗料が乾燥したところで、デザイン図の配色に従い、作っておいた塗料を手際良く乗せていきます。

配色は指定されていますが、実際に塗料を混ぜて色を作るのは職人の方々になります。
明るくなり過ぎていないか、暗くなり過ぎていないか、
太陽光に左右されないよう見極めていきます。

4. 縁取り

 着色と同時進行で進めていく作業が、縁取りです。濃灰色の塗料と細筆を用いて、イラストの輪郭を縁取っていきます。

POINT

黒色の塗料ではなく、
あくまでも濃灰色の塗料を使う。

 理由は、純粋な黒色では存在感が強すぎで絵に違和感が生じる場合があります。色とりどりのカラーとバランスを保つためにもあくまで濃灰色で塗っていきましょう。

 線は全て均一な太さになるよう注意しながら引いていきます。
よーこ

楽しそうだなぁ〜。私もやってみたいなぁ。できないかなぁ。無理かなぁ。(チラチラッ)

プロ職人

・・・ちょっとだけならいいよ。

よーこ

いいんですか!!?ありがとうございます!

\という訳で、施工をほんの少し体験させてもらうことにしました!/

体験を通して学ばせてもらいます!

 ちょうどいい所に、真珠貝をイメージした描きかけのイラストがあります。

 どうやらこの貝のカタチが上手く決まらないようです。両端の縁取りを任されました!

 ではでは、美術大学出身のわたくしが、この青いどら焼きを本物の真珠貝にしてあげましょう!

やるからには真剣にいきます!
気合十分です!

作業中・・・

よーこ

あ、あれ?思っていたよりも難しい?

プロ職人

大丈夫?

よーこ

なんだかすごく描きづらいです!なんでだろ?

プロ職人

うーん。水彩とかアクリルとか、そういう絵の具とは感触が違うからじゃないか?

よーこ

確かに・・・。なんだかドロッとしてる。

ひとまず、描き終わりました!
よーこ

どうですか?なかなか良い出来では?(チラチラッ)

プロ職人

ちょっとね。言いづらいんだけどね。線が震えちゃってるかな。

よーこ

なんと!

縁取り、難しいです・・・。

実際の感想

・紙に描くのと全然違う。すごく描きづらい。
・塗料が油絵や水彩、アクリルの感覚と違うので太さをキープするために指先が震える。

 大人しく筆を返却しました。ここからは撮る作業に専念しようと思います・・・。

見ている分には簡単そうに思えてしまうのは職人さんの技量のおかげですね。

線の太さを均一に揃えながらイラストを縁取っていきます。

 くっきりとした線がアニメやマンガのような印象を与え、遊具全体にポップな雰囲気が出てきました。

ちょっとおとぼけた印象のあるタコが可愛いです。

*施工完了*

 イラストを描いた後、遊具全体にトップコートを塗ったら施工完了です。(写真をクリックすると拡大されます。)

 見比べてみると、施工による変化の違いがよく分かります。

公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 施工前公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 施工後
公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 施工前公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 施工後
公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 施工前公園 遊具 滑り台 塗装 タコ 工事 施工後

 天候によって施工が出来ない日等もありましたが、そこは臨機応変に対応。無事、スケジュール通りに仕上げることが出来ました。

お悩みの現場、ありませんか?
山陽工業は塗装・防水工事に特化した専門業者です。