カテゴリー
全てのブログ 工種別一覧 内装工事

世界に1つだけの内装に!フルオーダーリノベーション

世界に1つだけの内装工事

こんにちは! 山陽工業のよーこです。

私達山陽工業は建設会社として日々、建物や施設等の改修・修繕工事をしています。公共施設の防水工事から戸建ての塗装工事まで多種多様な工種・現場に対応しています。

  • 山陽工業 足立区 防水工事 塗装工事 雨漏り 漏水 改修 無料診断 見積

これまでのブログでは、建物の修繕にフォーカスした工事をいくつかご紹介してきましたが、今回の記事は少し趣向が異なります。

一体何をお見せするのかというと…

完全オリジナルの立体造形による内装工事を行います。
他の角度から見るとこんな感じ。

大きな木の幹が2本並び、そこから数本の枝が分かれています。鮮やかな緑色の植物が周囲を飾り、どことなく森の中を想起させる空間です。

ここでBeforeとAfterの写真を見比べてみましょう。

内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 施工前内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 施工後
内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 施工前内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 施工後
内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 施工前内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 施工後

まるで別空間ですね!これは凄い…!

2021年3月で30周年を迎えた山陽工業ですが、その節目にぴったりの素敵なオフィスになりました。

Point1 完全オリジナルの内装

今回の内装工事のキッカケは剥き出しのエアコン配管や電線配管を隠すためでもあります。
工事前の山陽工業のオフィスは、スケルトン天井と呼ばれる内装の仕上げ作業を行わない代わりに、天井の高さを底上げする手法を取っていました。

スケルトン天井は化粧板で覆われた従来の天井と比較すると、開放的な印象を与えてくれますが、山陽工業の天井の場合、剥き出しの配管等が予想以上に無骨なイメージを出し過ぎていました。

梁(はり)やダクトが大き過ぎる印象があるかもしれないです…。

目隠し方法として天井と配管をまとめて黒く塗り、誤魔化すやり方等が挙げられますが、それでは室内のイメージが暗くなってしまい、デザインも限定的なものしか選べなくなってしまいます。

そこでスケルトン天井特有の空間の広さを残しつつ、配管等を隠せる方法はないか考えた結果、目隠しとデザインを同時に実践すれば良いのではないかという発想に至り、今回の内装工事が決まりました。

まず初めに山陽工業の天井の作りに沿って緻密な計測が行われ、オフィスの雰囲気に合ったデザインが考案されました。

その後、まっさらな状態の発泡スチロールを用意し、そこから木の幹や枝の形を作っていきました。安全性を考えてFRP成型と呼ばれる軽量かつ丈夫な型で成型、取り付け作業を進め、この世に2つとない完全オリジナルの内装ができあがりました。

【擬木の制作過程】

  • 内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 発泡スチロール
    ① 直方体の発泡スチロール

【擬木・擬枝の取り付け作業】

  • 内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 発泡スチロール
    ① カット済みの幹を取り付けていきます

天井の梁(はり)やダクトを覆い隠すように擬木や擬枝が取り付けられていきます。元々の内装を傷付けないよう絶妙な距離感を保って設置します。

内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 発泡スチロール
内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 発泡スチロール

見ている分には簡単にくっつけているように見えるけれど、実際は何回も微調整を繰り返しています。

また、擬木にはエアコンの定期点検の際に邪魔にならないよう幹の一部を開閉できるギミックが施されています。

単純に天井の内装を変えるだけでなく、その後のオフィスとしての運用に支障が出ないよう設計されているのがポイントです。

工事後のオフィスのことが考えられた、まさに特注品の内装ですね!

Point2 環境整備とリラックス効果

内装のテーマは「森」を意識しています。

人は森の中にいると、耳や目・鼻・手足・味覚等の五感のアンテナを通じて、リラックス効果を得ることができると言われています。鳥のさえずりや川のせせらぎに耳を澄ましたり、木々の間から差し込む太陽の光を眺めていると、血圧の低下や脳活動が鎮静化する等の作用をもたらしてくれます。これは、擬木(フェイク)であっても同様のリラックス効果が得られるとのことです。

働く社員のことを考え、心癒されるような空間で落ち着いて仕事を進めてもらいたい。この内装工事にはそのような願いも込められています。

工事の際は、フォリッジの配置にも気を配ります。

事前にたくさんの種類のフォリッジを用意しました。

枝や幹の隙間から生い茂る葉っぱ(以後フォリッジ )をイメージして、届いた既製品をそのまま取り付けるのではなく、葉の色や形・大きさなどを見比べながら一度分解し、種類の異なるフォリッジ同士を針金で結び直してから使用します。

系統の異なる緑色が混ざることで、本物の森林のような雰囲気が出てきます。

なんだか某アミューズメントパークを連想させるような迫力と雰囲気があります。
……というのも、その某アミューズメントパークにて、過去に造形工事を行った実績もあります。

他にも、天井をよくよく観察してみると、枝の先にインコが止まっていたりフルーツが生えているのを見つけることができます。山陽工業に訪れた際は、他にも小さな発見がないかぜひ探してみてください。

遠くから眺めるのも近くで観察してみるのもどちらも楽しいと思います!

Point3 音響

内装工事によって変わったのは天井の外観だけではありません。レールライトに電球スピーカーを設置したことで、オフィス内で音楽が流せるようになりました。

Bluetooth接続ができれば、どんな端末からでも音楽を流すことができます。

使い方としては、リラックス効果をより味わうために森の中を連想させるようなBGMを流したり、休憩中にヒーリングミュージックを聞いたり、残業を頑張るために自分の好きな曲を流したりと自由に活用してもらう予定です。

Point4 山陽工業の内装工事

山陽工業は普段、外装工事を行うことが多いです。だからといって内装工事はできないという意味ではありませんのでご安心ください。
工事前の養生は外階段から始まり、室内は小さな汚れも侵入しないよう丁寧に覆いました。

  • 内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 養生
    ① 階段周り1

工事中は大きな音が出る作業を予定していたため、テナント責任者にご連絡と相談を兼ねてスケジュールの調整を済ませてから穿孔作業を行いました。

また、内装工事の場合、工事後の清掃作業が非常に重要です。せっかくオフィスをリニューアルしたのに机の上やカーペットにゴミが落ちていては本末転倒です。

次の日の業務に支障をきたさないよう、僅かに散らばった汚れや見落とされがちな室内の隙間も掃除します。工事前よりもオフィスを綺麗にしようという精神で時間をかけて清掃作業を行いました。

どれも当然の準備ではありますが、山陽工業は長年の経験と培ってきたノウハウから、このような工事外の調整を順序よく進める力があります。

当然のことを丁寧に行う。この考えが大切だと思っています。

Point5 コロナ対策

擬木・擬枝やフォリッジには光触媒と呼ばれる光に反応して除菌・抗菌・防臭等の作用を発揮するコーティング剤を塗布しています。

内装 リフォーム オリジナル ナチュラル 工事 光触媒 抗菌 コロナ対策

コーティング剤が塗布された造形物を天井に飾ることによって空気を清浄化する効果があります。

山陽工業では今の時代に沿った形でお客様に工事プランをご提案します。

内装工事も外装工事も山陽工業にお任せください!

360度画像で覗いてみよう

最後にもう一度、工事後の様子を360度画像で見回してみましょう。下からのアングルだとなかなかの迫力があります。

例えば、社員の家族が見学として会社に訪問する機会があるかもしれません。天井の内装を見た子供が「お父さんの会社って楽しいね」そんな風に言ってもらえたら嬉しいですよね。今回の内装工事には、そのような想いも込められています。自分の会社もそうしたい、自分の家も飾ってみたい等、内装工事に興味を持たれた方がいらっしゃればぜひお気軽にご相談ください。

天井内装工事、無事に完了しました!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

山陽工業では防水・塗装工事を中心に多種多様な専門工事サービスを提供しております。住みながらの大規模修繕工事から立体駐車場の塗装、コンクリートの美観を復活させる工事など、幅広いニーズにお応えしています。

以下、山陽工業の施工実績の一例となります↓

この記事を書いた人 山陽工業 よーこちゃん

・山陽工業に入社して2年目の広報社員。
・たくさんの現場を巡って、日々様々な知識と写真を集めています。
・施工管理に長けた工事監督さん、この道何十年の熟練職人さんの方々に取材を行い、建物の修繕・改修に関する情報を発信していきます。

カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 工種別一覧

都立両国高校の体育館屋根塗装工事

都立両国高校の体育館屋根塗装工事

今回のブログでは、公共施設の工事現場をご紹介します。山陽工業では日々様々な建物や現場で工事を行っていますが、公共施設の工事においてもこれまで多くの実績を積み上げてきました。

普段は中々目にすることのない場所でどのような工事が行われているのか、ほんの少しご紹介します。

現場は都立両国高校の体育館の屋根上です↓

今回行うのは塗装工事です。屋根全面を塗り替えて綺麗にしていきます!

実は、こんな塗料を使っています

こちらの工事ではガイナと呼ばれる遮熱効果のある塗料を使用しています。この塗料には日本の宇宙ロケット開発で培われた技術が転用されており、戸建ての外壁から航空機の外装といった幅広い現場で活用されています。

出典 : 株式会社日進産業 公式HPより引用

ガイナを建物の外部に塗布すると、日射を効率良く反射し、夏季建物内が暑くなる原因となる熱の発生を抑えます。さらに太陽光が当たると、塗膜表面が即座に高温度になり、入射した方向に遠赤外線を大量に放射します。遠赤外線放射により高温度側へ熱を積極的に戻すことにより、低温度側への熱の流れを更に減少させます。

出典 : 株式会社日進産業 公式HPより引用

上記の引用文にも記載されているように、遮熱・断熱効果のあるガイナを体育館の屋根に塗布することで、建物内部の熱発生を抑えることができます。

工事を始めるにあたって

工事を開始するにあたり、山陽工業では試験塗装を何回か実施しています。ガイナの塗料が体育館の屋根にきちんと付着するかどうか確かめます。付着しなかった場合は塗料を選定し直す必要がありますが、無事確認が取れました!

また現場が高所の屋根の上ということもあり、作業員の安全確保が欠かせません。工事を始める前にスタンションと呼ばれる仮設の手すりを、墜落の危険がある場所に設置します。工事中はこのスタンションに安全帯をかけながら作業を行います。

いよいよ工事開始です!

工事前と工事後の塗料は同じ色なのですが、下のBeforeとAfterを見比べてみるとかなり様変わりしているのが分かります。一体どのようにして屋根が綺麗になっていったのか、工程に沿って順番にご紹介します。

    工事の流れ
  • 工事前の様子(まずは現場の汚れや劣化をチェック!)
  • シーリング工事(シーリング材を打ち替えます)
  • 下塗り(密着性を高める塗料を塗ります)
  • 中塗り(仕上げの色となる塗料を塗ります)
  • 上塗り(塗料を塗り重ねて耐久性を上げます)
  • 工事後の様子(どんな仕上がりになったかチェック!)
工事前の様子

パッと見るとそこまで汚れていないように見えます。

しかし部分的に観察していくと、骨組みの交錯しているところや塗膜の表面に汚れが付着しているのが分かります。

山陽工業の行う丁寧な塗装工事で、こちらの屋根の寿命を延ばしていきましょう。

シーリング工事
外装におけるシーリング工事とは?
ゴムのような材質が、壁や窓の隙間に埋まっているのを見たことはありませんか。
指で触ってみた経験がある方も多いはず。
これらはシーリング材、またはコーキング材と呼ばれるものです。元々は粘性のある半液体の材料ですが、これが隙間に充填されて固まった結果、あの弾性の塊が出来上がります。
シーリング材を「サッシと外壁の境目」や「外壁同士の継ぎ目」に打ち替える・打ち増しをすることによって、雨水や外気が建物内部に入り込むのを防ぎます。

現場の洗浄作業も完了済みとのことで、早速シーリング工事を始めていきましょう。

この現場では、屋根と外壁の境目にシーリング工事が施してありました。ですが、経年劣化によりシーリング材の耐久性が落ちているのが確認できます。

まずは全てのシーリング材を剥がします。そこに新しいシーリング材を充填していきます。

シーリング工事が完了しました!

下塗り

次は下塗り作業に入っていきます。

塗装工事における下塗りは大切な役目を担っています。

POINT ・素地面(塗料を塗られる側)と塗料の密着性を上げる
・この後に乗ってくる中塗り、上塗りの塗料を綺麗に仕上げる

他にもいくつか理由はありますが外壁・床・屋根等あらゆる外装工事において、下塗りの工程は非常に重要視されています。

ですので今回の工事でも、塗り忘れや色ムラが出ないよう注意しながら作業をしていきます。

下塗り作業もトラブル無く完了しました。

中塗り

中塗りは別名本塗りとも呼ばれ、仕上がりの色となる塗料を塗っていきます。

下塗りと同じく、塗り残しが出ないよう細かい部分をハケで塗っていきます。

立ち上がりの部分にもしっかり塗料を乗せていきます。

中塗り作業も完了です。色もこのように変化しました。

上塗り

塗装の最終工程となる上塗りです。塗っているのは中塗りと同じガイナの塗料ですが、これを中塗りと合わせて計2回塗り重ねることにより、塗膜の耐久性が向上します。

塗膜の耐久性が上がれば、紫外線や雨水といった外的要因から屋根を守ってくれます。

2回塗られているのが分かりますね。

上塗り作業も手際良く終わりました。

工事後の様子

今回も、無事に工事が完了しました。

工事前と工事後で現場の様子を見比べてみましょう。

こうして見比べてみるとかなり変化しているのが分かりますね。綺麗になっただけでなく、屋根としての耐久度や健常性が施工前と比較して上昇しています。

これにて施工完了です!

山陽工業では防水・塗装工事を中心に、幅広い現場で日々数多くの工事を行っています。

「経験豊富な建設業者に建物の様子を見てもらいたい!」という方がいらっしゃれば、お電話・メール・LINE・お問い合わせフォームからぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。国家資格を持ったプロが、目で見て音で聞いて判断します。