カテゴリー
全てのブログ 工種別一覧 外構・エクステリア工事

半オーダーメイドで、ごみ置き場を美しくリニューアル!

半オーダーメイドで、
ごみ置き場を美しくリニューアル!

今回は、アパートのごみ置き場のリニューアル工事を行います。
ごみ置き場ならではの懸念点を解消する施工方法をご紹介していますので、現在進行形でお悩みを抱えている、リニューアル工事をしようか迷っている、見積もりや施工業者に不安があるといった方々の参考になればと思います。そうでない方も是非お気軽に覗いてみてください!

1. 何故、ごみ置き場をリニューアルするの?

【工事前のごみ置き場】
ブロック塀に囲われたシンプルなごみ置き場です。入り口を仕切るような物は無く、目の前には歩道が広がっています。
何か特別な支障が発生していたり、緊急工事が必要な箇所があるという訳ではないのですが、使い勝手を良くしたいというオーナー様の要望と今後のリスクに備えて、リニューアル工事を行うことにしました。

外から丸見えの状態で、いつでも誰でも出入りが可能なごみ置き場は非常に無防備です。
アパートの住民以外からの不法投棄・ポイ捨ての他、寄ってきたカラスがごみ置き場を汚す・散らかす等のリスクが存在します。

いくつものごみが積み上がった景色は、ごみ置き場の印象を下げてしまい、やがてはアパート全体の資産価値の低下に繋がってしまう可能性もあります。
また、悪臭の広がりによって近隣住民からクレームが来るのも、避けたいところです。

このようなお悩み事・お困り事を、今回のリニューアル工事では全てまるごと解決することができるのです!
    お悩み全て解決します
  • 不法投棄・ポイ捨て
    カラスによる被害
    アパート全体の資産価値の低下
    悪臭の広がりによるクレーム
2. 半オーダーメイドの施工方法

既存のごみ置き場の構造に沿って、必要な箇所に壁・天井・扉等を追加し、ごみ置き場全体を倉庫のように作り変えました。
既製品の材料を工場や現地で加工した後、ごみ置き場に設置するので「半分」オーダーメイドの工事という意味になります。

ごみ置き場を半オーダーメイドするメリット

・ごみ置き場内部の設備に配慮した設計ができる
・周囲の景観と馴染んだデザインにできる。
・既製品にはない特別感を演出できる。
・ごみ置き場のスペースを最大限に活用できる。

3. 作業の様子

【枠を作る】
まずは、設計図に沿ってカットしたアルミフレームを繋げ合わせ、ブロック塀の上部に「枠」を作ります。

【壁(窓)を作る】
次はアルミフレームの枠内に「壁」を作っていきます。

事前に注文した材料をカットして繋ぎ合わせます。

枠内に隙間無くはまることを確認します。
「壁」というより「窓」のイメージですね。完成したごみ置き場の内部には照明を設置しないので、自然光をたくさん取り入れられるよう半透明のプラスチックボードを取り付けます。

ネジを締めます。

同じ流れで背面や左側面にもプラスチックボードを取り付けていきます。

【屋根を作る】
屋根には、アルミフレームを等間隔に並べました。
その枠内を埋めるよう塩ビ板(=柔らかくて割れにくい素材の板。加工がしやすく、店舗のディスプレイや室内装飾等、幅広い部分で使われている)をカットして枠の上に乗せていきます。

アルミ板とフレームで、塩ビ板を挟みこむよう取り付けます。

裏側から見た様子です。壁に組み込まれたプラスチックボードと同じく半透明の素材を使用しています。こちらは、空の色を判別できるよう白色を採用しました。

【棚を作る】
ごみ置き場の内部に、ごみ分別用の棚を組み立てて設置します。

ブロック塀=ごみ置き場の倉庫の壁という役割を果たすので、設置した棚枠がスペースを余すこと無く活用できています。既製品の場合は、ブロック塀の内側にゴミステーションを設置するので半オーダーメイドで制作したごみ置き場と比較すると、ひとまわり小さくなってしまいます。

蓋を付けます。これで分別したごみの臭いや見た目を覆い隠してくれます。

【扉】
倉庫の扉も設計図通りにカット、組み立てたパーツを取り付けます。

扉は施錠できる仕組みになっているので、時間外のごみ捨てや不法投棄・ポイ捨てを防ぐことがきます。

【シーリング、その他】
倉庫の組み立て作業が完了したら、枠同士の隙間や金具の設置部分に防水のためのシーリングを施します。漏水の心配はなるべく減らしておきましょう。

また、屋根に溜まった雨水を逃すための配管も欠かせません。ビスを用いてしっかり固定します。

4. 工事完了!

ごみ置き場のリニューアル工事が完了しました!
落ち着いたデザインが周囲の景観とも馴染み、良い意味でごみ置き場らしくないデザインが完成しました。扉の内部を知らない人々からすれば、この倉庫がごみ置き場であるとは思わないでしょう。

5. デメリットも含めて山陽工業にお任せください

今回の施工方法は、意匠性の高さや設計の自由度の観点から、お客様のご要望に可能な限り沿ったごみ置き場を作ることが可能です。
ですが、既製品のゴミステーションを設置する工事と比較すると、材料の加工等でかなりの手間隙と費用が掛かってしまうというデメリットもあります。

ごみ置き場のかたちによって、どちらの施工方法が適切かどうかも変わってきますので悩まれている方は、まずはお気軽に山陽工業までご相談ください。

山陽工業では、既製品のゴミステーションの設置から今回のような半オーダーメイドのごみ置き場リニューアル工事まで、お客様のご要望に柔軟に対応できる施工体制を整えています。特に住みながらの工事では住民の皆様への周知を徹底し、スムーズな施工を心掛けています。

外構工事はもちろんのこと、塗装・防水工事を中心に幅広い施工実績を重ねています。診断からお見積もりまで無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

カテゴリー
全てのブログ 工事の技術・知識 PickUp工事! コンクリート再生工事

コンクリート構造物を破壊せずに検査できる!「トモグラフィ解析」とは?

耐震性を重要視するコンクリート構造物、特に高速道路や橋・ダム等のインフラにおいて、「傷を付けられないけど、補修の効果を確認したい」という場面は多くあります。

今回の記事では、コンクリート構造物の強度を非破壊で確かめることができる「トモグラフィ解析」についてご紹介します。

1.トモグラフィ解析とは?

トモグラフィ解析とは、コンクリート構造物を格子状に細かく分け、密度を分析する解析方法です。

手順を詳しくご説明すると…

①区画

コンクリート構造物の表面を格子状に区画します。

②センサー設置

格子の交点にセンサーを設置します。

③鉄球を当てて計測

センサー付近に鉄球を当て、コンクリート構造物内部に伝わる波の速さを計測します。

波が速く伝わる場合
=コンクリート内部がしっかり詰まっており正常な状態で、波が直進して伝搬できている(密である)

波が遅く伝わる場合
コンクリート内部が浮き等の劣化によりスカスカになり、波が迂回して伝搬してしまっている(疎である)

このようにして、コンクリート構造物の内部が疎か密かを判断することができます。

2.トモグラフィ解析のメリット

トモグラフィ解析のメリットは、コンクリート構造物を破壊せずに解析できることです。

これまで、コンクリート構造物の密度を確かめるには、「コア抜き」と呼ばれる、下の写真のようにコンクリート構造物の一部を何箇所か抜いて確認する方法しかありませんでした。

それに対してトモグラフィ解析は、コンクリート表面に装置を取り付けるだけで、コンクリート構造物の密度を確かめることが可能です。
そのため、特にインフラ等の「コンクリートを破壊したくない(破壊できない)現場」に適しています。

3.トモグラフィ解析のデメリット

トモグラフィ解析は、タイル等で装飾されたコンクリート構造物の解析には向かないというデメリットもあります。

土木関係におけるコンクリート構造物(橋やダム等)は、コンクリート打ちっぱなしで構成されたものがほとんどなので、概ね問題ありません。

しかし、建築関係におけるコンクリート構造物(マンション等)には、タイルが貼ってある塗装されている等の装飾が混ざっていることが多くあります。
そういった装飾は、トモグラフィ解析で発生させる「波」に影響を及ぼしてしまうため、正しく解析ができない恐れがあるのです。

トモグラフィ解析は、コンクリートのみで構成された構造物に最適です。

4.トモグラフィ解析がより活きる!「IPH工法」

トモグラフィ解析の特徴をより活かせるのが、IPH工法です。

IPH工法とは、名称の通り、コンクリートの内部(Inside)に樹脂を注入し、加圧状態(Pressure)硬化(Hardening)させる工法です。

簡単に言えば、削ったり壊したりすることなく、コンクリートの内部を樹脂で満たすことで、コンクリートの耐久性を高めることができる工法です。

目視で確認できないほどの小さなひび割れにも樹脂を注入することができるので、劣化や雨漏りの再発を防止する高い効果が期待できます。

IPH工法については、こちらのページでさらに詳しくご紹介しています。

実際にIPH工法で水漏れ補修を行った現場についての記事もあります。

しかし、IPH工法で補修したコンクリート内部の密度は、外部からでは分かりません。

そこで活躍するのが、コンクリート構造物の密度を非破壊で可視化できるトモグラフィ解析です。

IPH工法の施工前後でトモグラフィ解析を実施することにより、補修工事から補修効果の確認まで、非破壊で行うことができるのです。

5.コンクリートのお悩み、山陽工業にお任せください!

山陽工業には、「コンクリート診断士」というの資格を保有する、コンクリートのプロが在籍しています。
上でご紹介したIPH工法をはじめ、多数の補修方法の中から、構造物ひとつひとつに合った最適な方法をご提案させていただきます。

トモグラフィ解析についてもっと詳しく知りたい!
この症状ってコンクリートの劣化なの?

そんなご相談だけでも大歓迎です。

調査・お見積は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 工種別一覧 外構・エクステリア工事

新品のように蘇らせる!ウッドデッキの塗装工事

新品のように蘇らせる!
ウッドデッキの塗装工事

今回は公共施設のウッドデッキ塗装について紹介します。
木部塗装の工程を解説していますので、木部の塗り替えや木材の交換を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

木材には調湿作用が存在し、膨張と収縮を繰り返す独自の性質を持っています。そのためモルタルやサイディングボードと言った通常の外壁材と異なり、ひび割れが起きやすく長持ちさせるのが難しい素材です。屋外木造物の塗膜の寿命は、置かれている状況や紫外線の量にもよりますが一般的に5〜6年と言われています。

劣化の程度や木造物の規模によっては自身で補修、塗り替えを行うことも可能ですが、

・自分で塗装をする時間がない……。
・経験が少ない。失敗したくない……。
・手の届かないところにウッドデッキがある……。

このような場合、まずは専門業者に相談してみましょう。

0 工事前と工事後の比較

まずは工事前と工事後でどのように変化したのか見比べてみます。

1 工事の現場

現場は区役所の屋上に設置されたウッドデッキのスロープと階段です。

2 ケレン作業

まずは階段側のケレン作業から始めていきます。

電動サンダー(=やすりがけ)で、木部の表面を滑らかにしていきます。

工事のキッカケの一つである「ウッドデッキを利用する方々がケガをしないようにして欲しい」という要望になるべく沿えるよう、時間をかけて丁寧に処理を行いました。(※特に手で触れる機会が多いと思われる、手すりとその周辺は念入りにやすりがけを行いました。)

3 下塗り塗装

ケレン作業による木部の素地調整が完了したら、次は下塗り塗装に移ります。

ウッドデッキ用の塗料にはいくつか種類があり、木部の状態や仕上がりをどのようにしたいかによって最適な塗料が変わってきます。
工事現場であるウッドデッキは屋上庭園に繋がっており、利用者様の通り道となっています。子どもから大人まで幅広い世代の方が1日に何度も行き交う場所であることから、安全性を重視した仕上がりにするべきとの結論に至りました。

写真の赤色の塗料は、塗ることで木部の表面に保護膜を形成します。それによりトゲやささくれがなるべく利用者様の手指を傷付けないよう防護してくれます。

加えて、この保護膜がウッドデッキの表面を覆うおかげで、木部の荒れや傷みが激しい箇所を隠す+保護してくれます。

4 上塗り塗装

下塗りが乾いたら、続いて上塗り塗装を行います。

上塗り塗装の工程では、同じ塗料を2回塗る必要があります。

建物や構造物を外敵や経年劣化から守るためには均一な塗膜を作る必要があります。
ですが、塗装作業が人の手によって行われる以上、1度の塗りでは力加減や道具の動かし方による塗膜のムラが発生する可能性が高いです。そこで、塗装作業は同じ塗料を複数回にわたって塗り重ね、建物を保護するための均一な塗膜を作っているのです。

5 スロープ側も同じように

階段側の塗装が完了・乾燥し、人が通れるようになったところで今度はスロープ側の作業を進めていきます。

階段側と同じようにケレン作業を施したら、

下塗り塗装を行います。

次はを塗ります。
スロープの床や壁面には細い溝が等間隔に並んでいます。上塗り塗装では、まずこの溝をハケで一本ずつ塗り忘れがないよう注意しながら塗っていきます。

その後は、階段側と同じように上塗り塗装を2回行います。
溝塗り完了後、ローラーを使用してテキパキとスロープを塗装していきます。

6 工事完了

無事に工事が完了しました!

7 最後に

今回使用した半造膜タイプの下塗り塗料には、下記のようなデメリットも存在します。

・保護膜によって木目が隠れてしまい、木材特有の質感が失われてしまう。
・表面が少し滑りやすくなる。

デメリットが気掛かりな場合、別の選択肢や対策案も存在します。例えば、木材にこだわりや思い入れがある場合は浸透タイプの下塗り塗料を選ぶ、滑りやすさを防ぐ場合にはケイ砂(=滑り止め用の小さくて細かい砂)を撒く等。

ですが、最も適している塗料は何か見極めるのは、なかなか難しいと思われます。山陽工業のような専門業者であれば、これまで培ってきた経験と知識からお客様の要望に沿った工事プランを提供します。木材の修理、交換から塗装までお任せくだい。

今回は公共施設のウッドデッキについてご紹介しましたが、山陽工業では個人宅のウッドデッキや、その他木造設備の塗装まで幅広く対応しています。

山陽工業のウッドデッキ塗装は下地処理を含めて¥3,100/㎡〜で請け負っています。(※現場の状態・環境によって上記数字は変化します。あくまでも参考価格としてご理解頂きますようお願い致します。)

調査・見積もりは無料で実施しておりますので、まずは下記の問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。ウッドデッキ等の木造物と合わせて、お住まいの建物や資産である建物も一緒に診断可能です。