カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 防水工事 工種別一覧

夏に備えて、50mプールの防水塗装工事

1. 夏に備えて、50mプールの防水塗装工事

暑い季節になってきました。
これから本格的に到来する夏や、その先に控える冬に向けて整備しておきたい施設や設備はございませんか?
年数が経てば建物は劣化していきます。生活や利用に支障をきたさないためにも、年に1〜2回は業者にメンテナンスを依頼し、必要であれば改修・修繕工事を実施するのをオススメします。

山陽工業にお任せください!
山陽工業は防水・外壁工事に特化した建設会社です。
スピード&レスポンスを大切にしつつ、大規模マンションから戸建てまで幅広い現場に対応しています。

今回は、夏の水泳授業の開講に備えて、都内のスクールプールの防水塗装工事を請け負いました。雨天に左右されながらも、これまでに培った公共工事の経験を活かし、プール全体を綺麗に塗り替えました。

工事の様子をお見せしますので、業者選びや見積もり依頼で迷われている方々の参考になればと思います。施工の知識や現場の流れを把握することで、業者に依頼する際の不安や心配事の解消につながるかもしれません。

2 工事前のプールの様子

塗装が剥がれて底面のステンレスが丸見えの状態です。
塗膜があちこちに散らばっています。

壁面には排水口の金具から滲み出たサビが付着しており、ラインの色も掠れています。全体的に劣化が激しく、見栄えが悪い状態です。塗り替え工事を行って綺麗なプールにしてあげましょう。

3 工事のBeforeとAfter

工事前と工事後のプールを比較してみます。今回の工事ではプールの床や壁だけでなく、立ち上がりや側溝の部分も含めて、丁寧に防水塗装を施しました。

(1)塗装を削る・剥がす

初めに既存の塗装を削る・剥がしていきます。
プールの規模が大きいので電動サンダーを使用し、複数人で効率良く作業を進めていきます。下記の写真では立ち上がり部分の白い塗装を除去しています。

ボロボロだった床面・壁面の塗装も剥がし、プールの状態を一度リセットします。

塗装の除去、完了です。

(2)下塗りから中塗りまで

まず初めにサビの発生を抑えるため、防錆効果のある金属用プライマー(下塗り材)を全体に塗布しました。赤色のプールというのは、非常に珍しい光景ですね。

プライマーが乾いたら、今度は底面に水色の中塗り材を塗っていきます。
移動範囲を確保する必要があるので、中央付近から作業を開始します。

塗膜の段差や色ムラが発生しないよう、均一に力を込めることを意識しながら塗っていきます。

壁面にも中塗り材を塗布していきます。
底面は水色、壁面は白色と指定されているので底面と壁面で色が混ざらないよう、塗る順番や場所を区分けながら塗り進めていきます。

下塗りと、一部壁面を除いて中塗り完了です。

(3)滑り止め用のケイ砂を吹き付ける

プールの壁面の一部に、ケイ砂と呼ばれる滑り止め用の砂を吹き付けます。プールを利用する生徒達が足を滑らせて怪我をしないように、立ち上がりの上面や階段の一部にも散布します。

吹付ガンという機械を用いて、広い範囲に満遍なくケイ砂を散布します。難点として噴出時に多量の砂が舞ってしまうため、周囲に飛び散っても構わないよう広めの養生をしておきます。

実際の作業の様子です。
まずは中塗り材を塗り、その上からケイ砂を吹き付けていきます。中塗り材が乾く前にケイ砂を吹き付ける必要があるため、職人同士、互いの作業速度を確認しながらゆっくり進めていきます。

ケイ砂の吹き付けが完了しました。

(4)プール用ラインの計測と書き出し

次はプール用ラインの位置を計測し、書き出していきます。
スタートから今いる地点を示すメートルライン(横)と、泳者がまっすぐ進むためのコースライン(縦)の2種類です。プールの底面を計測し、正確な位置であるか確認したのち、基準線を書き出していきます。

プール用ラインはどれも非常に長いので、書き出した基準線が曲がっていないか、正しく等間隔に並んでいるか等、プールのあらゆる場所から細かくチェックします。

(5)壁面や立ち上がりの上塗り

ラインの計測と書き出しを進めながらプールの壁面や立ち上がりといった、作業員同士の動線が絡まない箇所の上塗りを行います。ラインの塗装予定部分は避けて、ケイ砂を吹き付けた壁面や排水口の中までハケとローラーを使い分けて塗ります。

上塗り材は均一で厚みのある塗膜を作るため、2〜3回程同じ塗料を塗り重ねていきます。

(6)プール用ラインを塗装する

全てのプール用ラインの計測と書き出しが済んだら、いよいよ塗装に入ります。書き出した基準線に沿って念入りに養生を施し、接着テープの隙間から万が一にも塗料が滲まないようチェックを済ませたのち作業を始めていきます。
基本は手塗りですが、ケイ砂を吹き付けた一部の壁面は表面がザラザラしているので吹付ガンを使用し、霧状の塗料で色をつけていきます。

はみ出ないよう、注意しながら塗っていきます。

プール用ラインの塗装が完了しました。

(7)底面の上塗り

底面の上塗りをしていきます。
ライン塗装が乾いたら、その上に養生を施します。

上塗り塗装をしていきます。

壁面との境界部分は特に気を配ります。

(8)仕上げのトップコートとシール貼り

仕上げの段階に入っていきます。
最終的な塗装として、トップコートと呼ばれる透明塗料をプール全体に塗っていきます。これまでに塗ったいくつもの塗装を保護し、耐久性を向上させる役割を担っています。また、塗ると光沢が出るので、見栄えもより綺麗になります。

トップコートが乾いたら、スクールプールに欠かせないシールを設置します。コースの番号や水深表示が曲がったり、よれたりしないよう慎重に貼り付けていきます。

(9)工事完了

無事に工事が完了しました!
塗装の見栄えと防水としての機能が上昇し、生徒達が問題なく利用できるプールになりました。

カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 工種別一覧

駐車スペースの向きを変える、白線ライン塗り替え工事

駐車スペースの向きを変える、白線ライン塗り替え工事

こちらのサイトでは以前、バイク置き場のライン引き工事についてご紹介しました。白線ラインが殆ど消えかかっていた駐車場に全く同じラインを塗り替える、といったものです。

一方今回ご紹介するのは、「横向きだった駐車場マークを縦向きに塗り替える」という工事です。一度既存の駐車スペースを塗り潰し、車が駐車しやすい向きへ新しい白線ラインを引きます。駐車場の利便性を向上させるよう、というのが目的です。

下記のようなお悩みを抱えている方にとっても、参考になるかと思います。
・駐車場のライン塗装が剥がれ落ちてしまっているので新しく塗り替えて欲しい。
・駐車場を新設したので白線ラインを描いて欲しい。
・駐輪場のラインの向き、位置、幅を変更したい。

使いやすい駐車場・駐輪場は、車同士の接触事故を減らし、駐車位置の間違いといったリスクの回避に繋がります。また、店舗の場合はお客様の集客にも関わります。
毎日、誰かしらが利用することの多い駐車場・駐輪場において、利用者の方々に余計なストレスを与えない、というのは実はとても重要なことなのです。

❶ 現地の状況

とある施設の建物前に設けられた、横向きの障害者用駐車スペースです。左隣には、建物の玄関口に繋がるスロープが設置されています。障害者の方々の移動の負担を減らす工夫として、駐車スペースを横向きにしているようです。
しかし、駐車場の手前は公道に面しており、車を停める際は縦列駐車の手順で、何度かハンドルを切り返す必要があります。これが利用者の方々にとって非常に不便に感じるとのことで、今回駐車スペースを縦向きに描き変えることに決まりました。

❷ 工事前と工事後

工事前と工事後で駐車スペースが横向きから縦向きに変更されているのが分かります。

❸ 既存の白線ラインを消す

まずは、横向きに描かれている駐車スペースを消す必要があります。既存の白線ラインの上に黒色の塗料を塗り重ねることで、周囲の地面の色と馴染ませることができます。安価でお手軽ながら、白線ラインを目立たなくできる便利な方法です。

取り除くのではなく上から隠すということで、遠巻きに見ると存在感は薄くなったものの、既存のラインの跡が残っているのが分かってしまいます。
そうではなく、既存の白線ラインを完全に除去したい場合は、抹消機等の機械を用いる方法もあります。水圧で塗膜を剥離させるウォータージェットや、刃を回転させてラインを削り取るライナックス等、どのやり方を選ぶかによって除去後の見た目にも違いが出てくるので、工事を始める前に業者さんに確認しておくのをオススメします。

❹ 計測して区画線を引く

塗料が乾いたら新しい駐車スペースのための区画線を引いていきます。図面に沿って地面を計測し、図形を描くようにコンクリートに白線ラインの下書きのようなものを描いていきます。

❺ プライマーを塗る

縦向き駐車スペースの区画線を引き終えたら、プライマーを塗布していきます。この工程があるか無いかで、白線ライン用の塗料の密着度が大きく変化するので、実は非常に重要な工程です。

❻ 新しい白線ラインを引く

区画線の下書き、プライマーの塗装が済んだら、いよいよ新しい縦向きの白線ラインを引いていきます。
トラックに積んだ溶融釜で粉状の樹脂塗料を溶かしたものを、手押し車のような機械に流し、タイヤを転がすと同時にドロドロした白い塗料を地面に塗り進めていきます。溶融式仕様の白線ラインは乾燥が速いのがメリットです。

駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き駐車場 白線 ライン 塗り替え 塗装 工事 ライン引き

近くで観察すると、塗膜に厚みがあるのが分かります。

❼ 車止めの設置

コンクリートを削って、さらに下の地面を掘り起こし、その中に車止めを埋め込みます。アーチ型の柵が地面と水平になるよう、何度も計測・確認を繰り返しました。

地面を掘り起こす・埋める作業は、多大な体力と力を必要とする為、今回の工事で最も大変だったと言っても過言ではありません。

❽ 工事完了!

白線ラインの塗り替え工事が無事に完了しました。
下書きの線が残っていますが、日数の経過や雨が降ることによって消えるのでご安心ください。こうしてみると、黒色塗料で塗り潰した既存の白線ラインは、そこまで気になりません。

また、新しい駐車スペースは既存の白線の位置から90度、時計回りに回転したような結果となっているので、左隣のスロープが利用しにくくなるような弊害は発生しません。工事前の駐車場と比較すると「駐車がしやすくなった」という利点のみが生まれました。

白線ラインの塗り替え工事、お疲れ様でした!

山陽工業は、防水・塗装工事に特化した専門業者ですが、今回のような駐車場・駐輪場も含めて幅広い工事に対応しています。建物に関する困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。駐車場・駐輪場に関するオススメの記事もございます。

公式HPはこちらからどうぞ!