カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 小規模工事 防水工事 PickUp工事! 工種別一覧

費用も工期も最小限に!部分的な雨漏り修理工事

工事ってお金も時間もかかる…

建物を所有されている方にとって、建物のメンテナンス問題は避けては通れません。

やらなくてはいけないことは分かっているけれど…工事にはお金も時間もかかるし、まだちょっと考えたい…

そんな風にお考えの方も多いことでしょう。

しかし、雨漏りが発生してしまったら、工事を先延ばしにすることはできませんよね。

あらゆる建物の防水・外壁工事を請け負う山陽工業では、建物全体の改修工事はもちろんのこと、外壁のひび割れた一部分や劣化した屋根の一部分など、雨漏りの原因となっている箇所だけの修理工事も大歓迎です!

今回の記事では、そんな部分的な雨漏り修理工事について詳しくご紹介します。

雨漏りが発生したけど、建物全体じゃなく雨漏りの原因箇所だけ直したい!

…とお考えの方、ぜひご一読ください!

1.雨漏り発生!原因は『上裏』

今回ご紹介するのは、とある建物のエントランス付近に発生した雨漏りの修理工事です。

雨の日の翌日もエントランスの地面にポタポタと水が垂れていたため、上を見上げてみると、大きな亀裂が…!

これはどこかと言いますと、2階にある上裏(あげうら*)と呼ばれる軒の裏側です。
*上裏…軒だけでなく、庇や階段などの裏側のことも指します。

屋上の防水材が劣化してできた小さな隙間から水が浸入し、壁の中を伝ってこの亀裂から垂れてしまっていたのです。

共用部であり、建物の顔であるエントランスが台無しに…!早急な対処が必要です!

2.部分的な雨漏り修理工事の手順

では、部分的な雨漏り修理工事はどのように行われるのか、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

(1)水の入り口を塞ぐ

水が垂れている箇所の前に、まずは水の入り口となっている箇所を塞ぎます。

今回のケースでは、屋上の防水材の一部に発生した小さなひび割れが水の入り口となっていました。

プライマー(下塗り材)の後、ウレタンと呼ばれる防水材を2回重ねて塗っていき、水の入り口を塞ぎます。

(2)足場を架設する

今回工事を行った建物のように雨漏りの原因箇所が高い位置にある場合、足場を架設する必要があります。

足場と聞くと建物全体を覆うイメージがありますが、このように必要な位置にだけ架設することも可能です。

範囲が小さいため、架設・解体にかかる費用や時間は最小限に留めることができます!

(3)古い塗膜を撤去する

塗料によって形成された膜を塗膜(とまく)と呼びます。
水の出口となっている躯体のひび割れを確実に修理するために、劣化して割れたり浮き上がったりしている塗膜を撤去します。

塗膜の撤去が完了した様子がこちらです。

(4)プライマーを塗布する

この後使用する材料を密着させる効果があるプライマー(下塗り材)を、塗膜を撤去した箇所に塗布します。

(5)シーリング材を充填する

シーリング材という材料を充填し、ヘラで押さえて密着させます。このシーリング材で、水の出口となっているひび割れを埋めます。

シーリング材とは、外壁の目地やサッシまわりなどに使われている、ゴムパッキンのような弾力のある材料です。水を弾き、伸縮性があるため、ひび割れの補修にも使われます。

シーリング材充填・ヘラ押さえが完了した状態がこちらです。

塗膜を撤去したことで発生した凹凸も滑らかに整いました!

(6)塗装で仕上げる

ひび割れがしっかり修理され、凹凸も滑らかになったので、最後に表面の色を周りと同じ色に塗ります。

一部のみ塗装を行う際は、複数の塗料を混ぜて調色し、周りの色になるべく近い色を作り出す必要があります。

調色の様子

調色ができたら、塗っていきます。

(7)工事完了!&参考費用・工期

足場を解体したら、雨漏り修理工事は完了です。
上裏の工事前後の写真を比較してみましょう。

まるで何事もなかったかのように綺麗に仕上がっています!
これで雨漏りの心配も要りません。

参考までに、今回の工事でかかった費用と日数はこちらです。

工事費用(参考)

・足場架設・解体/15万円+税
・屋上の防水処理・上裏の亀裂補修/6万円+税
・塗装/4万円+税
合計25万円+税

工事日数(参考)

・足場架設/1日
・屋上の防水処理・上裏の亀裂補修/1日
・塗装/1日
・足場解体/1日
合計4日間

※上記工事費用・日数はあくまで参考です。実際にかかる費用・日数は建物の状況・工事の内容などにより変動いたします。

3.雨漏り修理工事は山陽工業におまかせ!

山陽工業は年間650件以上の工事を請け負っており、これまで様々な建物の雨漏りの原因を突き止め、修理工事を行ってまいりました。

建物の状態によっては、全体の改修工事をおすすめする場合もありますが、可能な限りお客様のご要望に沿った工事プランをご提案いたします。

今は忙しいから、じっくり考えられる時期に全体の工事をしたい
まとまったお金を用意するのが難しい

上記のような理由から部分的な修理工事をご希望の方も、建物の調査・お見積は無料ですので、ぜひ一度山陽工業にご相談ください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ PickUp工事! コンクリート再生工事

エフロレッセンスとは?何度工事をしても再発する場合には『IPH工法』がおすすめ!

コンクリートの建物の壁に、上の写真のような白っぽい汚れを見かけたことはありませんか?

この白い汚れは「エフロレッセンス」と呼ばれるもので、ただの汚れではなく、実はコンクリートの劣化現象のひとつです。

今回の記事では、エフロレッセンスと、そのおすすめの補修方法であるIPH工法について詳しくご紹介いたします。

・エフロレッセンスを見つけたけど、どうしたらいいの?
・何度工事をしてもエフロレッセンスが繰り返し発生してしまう…

そのようなお悩みをお持ちの方、ぜひご一読ください!

1.エフロレッセンスとは?

そもそもエフロレッセンスとは何なのかと言いますと、コンクリート内部の劣化によって、コンクリート表面に白い液体が流れ出る現象のことです。白華(はっか)とも呼ばれます。

コンクリートに含まれる水酸化カルシウムが、ひび割れを伝って浸入した水分によって溶け出し、外気に含まれる炭酸ガスと結合して炭酸カルシウムに変化します。
炭酸カルシウムが乾燥して結晶化することにより、白く見えるようになります。
これがエフロレッセンス発生までのプロセスです。

ただの汚れだと軽く考えて放置してしまうと、ひび割れが大きくなってしまったり、水酸化カルシウムが溶け出し続けることで、コンクリートの耐久性が落ちてしまう恐れもあります。

見た目だけでなく、建物の耐久性にも影響が…!できるだけ早い対処が必要です!

2.エフロレッセンスにおすすめ!IPH工法

エフロレッセンスが発生したら、その原因となる水分の入口・流れ出る水酸化カルシウムの出口であるひび割れを埋める必要があります。

ひび割れを埋める方法は数多くありますが、山陽工業では、エフロレッセンスが発生したコンクリートの補修方法としてIPH工法をおすすめしています。

IPH工法とは、コンクリートの内部(Inside)に樹脂を注入し、加圧状態(Pressure)硬化(Hardening)させる工法です。

IPH工法 注入の様子

IPH工法は、0.01mm程度の目に見えない空隙(ひび割れ)にも樹脂を注入することが可能です。通常の補修工事では埋められない小さな隙間も樹脂で満たすことで、エフロレッセンスの発生を防ぐことができます。
何度工事をしても再発してしまうエフロレッセンスの補修には特におすすめです。

さらに、コンクリートの内部を樹脂で満たすことで、コンクリートが劣化する原因となる空気や水分の浸入を防ぎ、結果的にコンクリートが劣化しにくくなる=長寿命化にも繋がります。

IPH工法は特殊な工法であるため、通常の補修工事と比較するとどうしても費用が高くなってしまうというデメリットがありますが、得られる効果も非常に高い、画期的な工法なのです!

3.IPH工法によるエフロレッセンスの補修手順

今回の記事でご紹介するのは、とあるマンションの壁に発生したエフロレッセンスを、IPH工法で補修した工事です。

マンションの管理会社の方から、「以前エフロレッセンスの補修工事(通常の補修方法)をしたが、工事後たった半年でエフロレッセンスが再発してしまって困っている」とご相談をいただき、IPH工法が最適だと判断しました。

施工前 エフロレッセンスの様子

それでは早速、IPH工法によるエフロレッセンスの補修手順を詳しくご説明します。

(1)ケレン

まずは、電動やすりを使って壁の表面を削り、ひび割れ部分を露出させます。
この作業を「ケレン」と呼びます。

(2)穿孔

樹脂を注入する穴をあけます。この作業を「穿孔(せんこう)」と呼びます。
浸入した水分が残ったままでは確実な施工ができないため、バーナーで表面と内部を乾燥させます。

穴をあけた状態がこちら。
赤で囲んだ部分に、よく見ると細いひび割れが…これが水の通り道となっていたようです。

(3)台座の取り付け

樹脂を注入するための台座を取り付けます。
取り付けには、シーリング材と呼ばれるゴムパッキンのような素材を使います。しっかり乾燥させて硬化したシーリング材は、天井に接着しても落下しないほど粘着力が強くなります。

(4)樹脂の注入

いよいよ樹脂の注入を行います。
IPH工法では、下の写真にもある注射器のような器具を使って樹脂を注入します。この器具を「IPHカプセル」と呼びます。

IPHカプセルに入っている樹脂は、コンクリートの内側にゆっくりと時間をかけて入り込んでいきます。

(5)台座の撤去

樹脂の注入が完了したら、IPHカプセルを外し、台座を撤去します。
シーリング材でしっかりと取り付けてある台座は、スクレーパーと呼ばれるヘラのような工具を使って丁寧に撤去していきます。

(6)表面を整える

注入が完了したら、初めに表面を削った際に発生した段差を平らに均します。
また、段差を補修した跡が浮き出てしまわないよう、補修した箇所の周りに刷毛で筋をつけます。この作業を「刷毛引き(はけびき)」と呼びます。

補修工事が完了しました!

これでエフロレッセンスの原因となるひび割れはしっかり塞がりましたが、このままでは見た目が良くないため、最後に塗装を行います。

(7)塗装仕上げ

下塗り材・上塗り材を塗布し、既存の壁に近い色に仕上げたら、施工完了です。

壁の内部までしっかりと樹脂で満たされ、こちらのマンションの管理会社の方からは「その後エフロレッセンスの再発はしなくなった」と嬉しいご報告もいただきました。

4.エフロレッセンスの補修は山陽工業へ!

山陽工業には、今回ご紹介したIPH工法の知識や施工経験が豊富な職人と現場監督が多数在籍しています。

IPH工法についてもっと詳しく知りたい!
自分の建物にIPH工法を施工したら、費用はどれぐらいかかる?

このようなIPH工法に関する疑問もお気軽にご相談ください。

また、前述した通り、エフロレッセンスが発生したコンクリートの補修方法は数多くの種類があります。
年間650件以上の工事を請け負う山陽工業では、IPH工法だけでなく、数ある補修方法の中から建物の状況に合った最適な補修方法をご提案することが可能です。

建物調査とお見積は無料で承っております。
まずはお問合せください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧

ロケットにも採用される高い機能性!遮熱塗料を使った屋根の塗装工事

プレミアムな改修工事、しませんか?

建物を所有している方にとって、定期的に実施する必要のある改修工事は避けられない問題です。

1回の工事で高額な費用が掛かるため、「一番安く済む必要最低限の工事だけでいいや…」と考える方も多いでしょう。

しかし…安く済ませた結果、すぐにまた劣化してしまったり、防音性や遮熱性など建物の性能が落ちてしまうことも。
次の改修工事までの期間が短くなることで、長い目で見ると逆に高くついてしまう恐れもあります!

せっかくお金を払うなら、一度で高い性能が長持ちするような工事をしてほしいな…

お任せください!
山陽工業では、一般的な改修工事はもちろん、ライフサイクルコスト(※)を抑えながら+αの価値を提供する、言うなれば『プレミアム改修工事』も施工が可能です。
※ライフサイクルコスト…建物の計画・設計~維持~解体・廃棄に要する費用の総額のこと

プレミアム改修工事には様々なメニューがあります。
その中から今回の記事では、建物の遮熱性を向上させる塗装工事と、その事例について詳しくご紹介します。

せっかく工事するなら機能性を重視したい!
夏でも過ごしやすい室温を保てる建物にしたい!

そのようなご要望をお持ちの方に特にオススメです。ぜひご一読ください!

1.遮熱塗料とは?

遮熱塗料とは、その名の通り『塗布するだけで建物の遮熱性能を向上させる塗料』のことです。
遮熱塗料に含まれる特殊な成分によって太陽光が反射され、室温の上昇を抑え冷房代を削減できることから、省エネに貢献できる優れものです。

遮熱塗料は様々なメーカーにより開発されており、遮熱性だけでなく断熱性(室内の熱を逃がさない)防音性を向上する効果など、豊富な性能を持つものもあります。

メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう!

■遮熱塗料のメリット

遮熱塗料の最大のメリットは、やはり遮熱性能が向上するという点です。遮熱塗料は、その効果の高さからロケットや鉄道車両・船舶などに使われているものもあります。

現代のように断熱材がしっかり使われていない比較的古い建物や、老朽化により断熱材の性能が落ちてしまっている建物に使うと特に効果を感じやすくなります。

■遮熱塗料のデメリット

塗料の性質上、ムラになりやすいというデメリットがあります。
そのため、屋根や外壁などムラが目に入りにくい・気になりにくい箇所への使用に向いています。

遮熱塗料の中には室内の壁や天井に使えるものもあります。
しかし、仕上がりの美しさを第一に優先するのであれば、比較的目に入りやすい室内の壁や天井に使うのは一般的な塗料の方がおすすめです。

また、遮熱性能を向上させる特殊な機能を持つ塗料であるため、一般的な塗料と比べると当然費用は高くなります。

2.遮熱塗料による屋根の塗装工事の手順

(0)今回使用した遮熱塗料と参考単価

今回の記事でご紹介する工事では、「ガイナ」という遮熱塗料を使用しました。

出典 : 菊水化学工業株式会社 公式HPより引用


ガイナは、ロケットの機体や人工衛星を守るために使われている、塗布するだけで断熱できる技術を応用して生み出された遮熱塗料です。

それほど信頼できる性能であることが分かります!!

また、ガイナの塗装費用は¥3,800+税~/㎡です。
※上記はあくまで参考費用です。ご選定いただくガイナの種類・色などにより変動します。

このガイナを使った屋根の塗装工事はどのように行うのか、詳しくご紹介していきます。

施工前の屋根の状態(金属屋根)

と言っても、特別な工程があるわけではなく、実は通常の鉄部塗装工事とほぼ同じ手順です。

早速見ていきましょう!

(1)下地処理

まずは塗装する箇所の汚れなどを綺麗にし、表面を整えます。この作業を「下地処理」と呼びます。

今回は金属屋根に工事を行ったため、サビてしまっている部分をやすりで削り、サビ止め材を塗布しました。
サビた部分を削る作業は『ケレン』と呼ばれ、サビの侵食を防ぐための重要な作業です。

(2)下塗り材を塗布

塗装する箇所に遮熱塗料をより密着させる効果のある、下塗り材を塗布します。
この下塗り材にはサビ止め材も含まれているため、塗布することで屋根全体のサビの発生を防ぐ効果もあります。

(3)遮熱塗料を塗布

下塗り材が乾燥したら、いよいよ遮熱塗料の塗布スタートです。
全体に塗布した後、しっかりと乾燥させて塗膜(塗料の膜)を形成します。

(4)遮熱塗料を重ねて塗布

1回目に塗布した遮熱塗料が乾燥したら、もう一度重ね塗りします。
2回重ねて塗布することで厚い塗膜が形成され、遮熱の性能をしっかりと発揮することができます。

(5)施工完了!

こちらで遮熱塗料の塗装工事は完了です。
施工前後の写真を見比べてみましょう。

遮熱効果はもちろん、サビてしまっていた部分も綺麗になりました!

3.遮熱塗料の塗装工事は山陽工業へ!

山陽工業には、遮熱塗料についての知識が豊富な職人が多数在籍しています。
今回の記事では「ガイナ」という遮熱塗料を使用した工事をご紹介しましたが、もちろんその他メーカーの遮熱塗料も取り扱っています。

自分の建物に施工する場合、いくらかかる?

建物のどの部分に施工するのがおすすめ?

数ある遮熱塗料の中で、自分の建物・要望に合うものはどれ?

そのような疑問をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。プロの目で建物を調査し、御見積いたします。

調査・御見積りは無料で承ります!
お問い合わせは下のフォームまたはバナーからどうぞ!

また、今回使用した遮熱塗料「ガイナ」を、高校の体育館の屋根に塗装した工事についての記事もあります。併せてご覧ください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 内装工事

被害は壁紙のカビだけじゃない!雨漏りが発生した天井や壁の補修工事

こんな方、必見です!

・雨漏りによって壁紙にシミやカビが発生してお困りの方
・雨漏りによる壁紙の汚れが原因で、建物の入居率が減少してお困りのオーナー様・管理会社様

ふと天井を見ると…壁紙にカビが!
よく見ると水滴も滴っている…!!!

外壁や屋根などの劣化部分から浸入した水が室内まで到達すると、こうして壁や天井の壁紙を濡らし、カビを発生させてしまいます。

雨漏りが発生したら、水の入り口である建物の外側の補修はもちろんですが、このように水の浸入先である室内の補修も必要なのです。

今回の記事では、雨漏りが発生した室内の天井や壁に行う補修工事について詳しくご紹介します。

1.壁紙にカビ!ということは…?

タイトルに「被害は壁紙のカビだけじゃない!」とありますが、どういうことかと言いますと…

外壁や屋根・屋上から浸入した水が室内の壁紙に到達しているということは、下の図のように、壁紙の外側のボードも水に濡れているということになります。

濡れたままのボードを放置して腐食してしまうと、補修工事が大掛かりになり、費用も工事日数も多くかかってしまいます。

壁紙にカビを発見した際は、カビやシミの拡大やボードの腐食など被害が大きくなってしまう前に、壁紙とボードの両方を補修することが大切です!

水の入り口を塞ぐことはもちろんですが、室内も綺麗に補修することで、入居率アップに繋がります!

2.雨漏りが発生した天井・壁の補修方法

では、雨漏りが発生した天井や壁はどのような手順で補修するのでしょうか?
今回は、天井を補修した工事の写真と共に詳しくご紹介します。
(壁を補修する場合も、手順は基本的に天井と同じです。)

補修前の天井の状態がこちら。カビこそ発生していないものの、広い範囲に水のシミができてしまっていました。

(1)壁紙とボードを撤去

まずは水で濡れてしまった壁紙とボードを撤去します。

壁紙はカッターで切り込みを入れて、手で豪快に剥がします!

ボードは電動のこぎりやバールを使って撤去していきます。

撤去が完了した状態がこちら。

雨漏りの原因はこちらのひび割れでした。
水の跡がくっきり残っていて、あれだけ広い範囲にシミができてしまっていたのも納得です…

ちなみに、水の入り口(建物の外側)の補修は済んでいるので、もう雨漏りは止まっています!

(2)新しいボードを設置

撤去が完了したら、新しいボードを設置します。

ビスを使って設置していきます。

ちなみにこちらのお部屋には、天井裏の点検を容易に行えるように、補修工事の機会に点検口を付けました。

万が一今後雨漏りしてしまっても、原因の特定がしやすくなります!

(3)パテ処理

ボードの設置が完了したら、ボード表面の凹凸を平滑に整えます。この作業を「パテ処理」と呼びます。
というのも、壁紙はとても薄く、ボードの小さな凹凸でも仕上がりに影響が出てしまうためです。

(4)新しい壁紙を貼り付け

ボード表面が平滑になったら、新しい壁紙を貼り付けていきます。

ヘラを使って、ヨレがないようにしっかり貼り付けます。

(5)施工完了

こちらで天井の補修工事は完了です。
施工前後の写真を比較して見てみましょう。

とっても綺麗に仕上がっていますね!

ボードごと取り替えたので腐食などの心配がなくなったことはもちろんですが、壁紙が新しくなったことで、まるで新築のように明るく清潔感のあるお部屋になりました!

なお、こちらのお部屋(約9畳)の工事は1日で完了しました。
工事中は居住者様のご在宅(空室の場合はオーナー様または管理会社様のご同席)が必要になりますので、スケジュールの調整をさせていただきます。

3.雨漏りが発生した室内の補修も山陽工業へ!

年間650件以上の施工実績を誇る山陽工業では、雨漏り箇所の補修はもちろん、水の出口となった室内の補修に関しても豊富な知識と経験がございます。

お客様の建物の室内・室外の調査から、建物の状況やお客様のご要望に沿った工事のご提案まで、無料で承ります!

まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 外構・エクステリア工事

安全とプライバシーを確保!フェンスの取り付け工事

こんなお悩みはありませんか??

目隠しになるフェンスで、プライベート空間を作りたいな…
フェンスがガタついてきて、倒れてしまわないか心配…

敷地の境界や屋上・ベランダなどの高所につけられるフェンスは、当然頑丈ではありますが、建物と同じように劣化します。

サビや汚れなどによって美観を損ねるだけでなく、ガタつきや倒壊の恐れもあり、劣化を放置するのは大変危険です。

また、生活スタイルや家族構成などの変化により、フェンスに求める機能性も変わってくるでしょう。

防水工事・塗装工事など、主に建物に関する工事を請け負っている山陽工業ですが、実はフェンスなど建物の外(外構)に関する工事も請け負っています!

今回の記事では、ルーフバルコニーの一部にフェンスを取り付けた工事について、施工写真とともに詳しく解説します。

・フェンス取り付け工事の手順は?
・工事の費用・日数はどれくらいかかるの?

そのような疑問をお持ちの方、必見です!

1.フェンスの現状とお客様のご要望

今回ご紹介するのは、10階建てマンションの最上階のお部屋にあるルーフバルコニー(階下住戸の屋根部分を利用したバルコニー)のフェンスを取り付けた工事です。

現状のフェンスはこのような、屋上などでよく見かける金網のフェンスです。写真でもわかる通り、フェンスの一部にシートが被せてあります。

10階という高層階ではあるものの、周辺には高いビルが立ち並んでいて視線が気になるため、フェンスの一部にシートをかけていたそうです。
しかし、シートが強風によって飛ばされそうになったことがあったそうで、「シートの代わりに目隠しフェンスを取り付けたい」とお客様からご相談をいただきました。

目隠しになるフェンスと一口に言っても、種類は様々です。
お客様の理想のイメージを伺いサンプルをご提示しながら、ご要望に最も近いものを選定していただきました。

フェンスの色サンプル
2.フェンス取り付け工事の手順

プランが決まったら、早速工事スタートです。

まずは、フェンスの支柱を取り付けます。
今回は10階という高い位置にフェンスを取り付けるので、落下してしまうことが絶対にないように、支柱をしっかり取り付けていきます。

次に、支柱の根元に型枠を設置します。
こちらは何に使うのかというと…

支柱をしっかり固定するためのコンクリートの枠でした!

支柱の設置が完了したら、次はフェンスの目隠し部分を取り付ける箇所に合わせて加工・成形します。

1枚ずつ丁寧に取り付けたら…

こちらで施工完了です!

施工前後を写真で比較してみましょう。
落ち着いた色のフェンスのおかげで、とてもお洒落なルーフバルコニーになりました!

しっかりと目隠しされていますが、完全には覆われず通気もできるフェンスなので、強風時も安心です!

3.参考:工事にかかる費用・日数

今回のフェンス取り付け工事にかかった費用・日数をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

自分の建物にこんなフェンスを取り付ける場合は実際いくらになるのか・何日かかるのか、具体的に教えてほしい!
という方は、是非お気軽にご相談ください。無料で調査・お見積いたします。

●費用 4.3万円+税/m

なお、ご選定いただくフェンスの種類(デザイン・高さ)や取り付ける方法などにより費用は前後します。

また、既存のフェンスを撤去する場合など、現場の状況によっても費用が前後することがございます。

●日数 3日  

支柱の固定のために打設したコンクリートの乾燥期間を含み、3日で完了しました。

なお、フェンスを取り付ける方法や範囲の大きさなどにより、工事日数は前後します。

4.ご要望に合ったプラン、無料でお作りします!

先述の通り、山陽工業では、防水・塗装工事などの建物の工事だけでなく、フェンスなどの外構の工事も大歓迎です。

多くの人の目につく外構の工事は、施工前のプランニングが特に重要です。

・最新の機能やデザインはどんなものがあるんだろう?
・こんな悩みを解決したいのだけど、取り替え以外にも方法はある?

このような「知らないまま進めてしまうのはもったいない疑問」の解決も、年間450件以上の施工実績を持つ建物のプロである山陽工業にお任せください!

建物の調査から、ご要望に合った最適なプランのご提示まで、すべて無料で承ります。
まずはお気軽にお問合せください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 工事の技術・知識

徹底的に原因を追究!山陽工業の建物調査メニュ―

改修工事を正確に行うには、どこにどのような工事が必要かを工事前に調べる「建物調査」が非常に重要です。

建物の状況や雨漏りの原因を徹底的に調査するため、山陽工業では、一般的な目視・打音による調査だけでなく、他にも様々な方法で建物調査メニューをご用意しています。

・何度工事しても雨漏りが止まらない…
・目視や打音だけでは調査できないところまで隈なく見てほしい!

そのようなご要望をお持ちの方はぜびご検討ください!

1.目視・打音による建物調査

年間650件以上の工事を請け負う山陽工業には、改修工事に関する経験と知識を豊富に持つ建物のプロが多数在籍しています。

プロの目で建物の状況を注意深く確認しながら、上の写真にある打診棒で壁などを軽く叩き、その音で劣化状況を判断します。

2.ドローンによる建物調査

カメラを搭載したドローンを飛行させ、建物の屋根・屋上や外壁を撮影する調査方法です。
足場を組まないと確認できない高所や狭い箇所まで、足場を組まずに安全に調査することができます。

こんな方におすすめ!

・外壁や屋根を隅々まで調査したい方
・高所など普段目に入らない箇所の劣化状況が知りたい方

ドローン調査について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

3.赤外線カメラによる建物調査

温度差を可視化できる特殊なカメラで建物を撮影し、外壁等の温度差によって水分の有無を判断する調査方法です。
目視による調査では確認できない、壁の中の状態(水の浸入の有無やタイルの浮き状況)を確認することができます。

こんな方におすすめ!

・外壁のタイルの浮き状況を詳しく調査したい方
・雨漏りした水の通り道を見えないところまでつきとめたい

赤外線調査について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

4.発光液による雨漏り原因調査

紫外線ライトを当てると発光する特殊な水を使った調査方法です。
どこから水が浸入してどこに漏れ出ているのか、雨漏りの原因箇所や発生箇所が複数ある場合でも即座にすべて特定することができます。

こんな方におすすめ!

・工事をしても止まらない雨漏りにお困りの方
雨漏りが複数箇所で発生してお困りの方

発光液調査について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

5.トモグラフィによるコンクリートの強度解析

コンクリート構造物を格子状に細かく分け、密度を分析する解析方法です。
コンクリート表面に設置したセンサー付近に鉄球を当て、内部に伝わる波の速さを計測することで、コンクリート構造物を破壊することなく、内部の密度(浮きなどが無いかどうか)を確認できます。

こんな方におすすめ!

・コンクリート構造物の内部の状態を、破壊せずに調査したい方

トモグラフィ解析について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

6.建物調査は山陽工業へおまかせください!

ご紹介した豊富な調査メニューで、お客様の建物の状態を隅々までチェックしませんか?

建物の状況やお客様のご要望に応じて、おすすめの調査方法についてのご提案もいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 工事の技術・知識

建物まるごと360°!ドローンを使った建物調査

この記事を読むと分かること

・ドローンを使った建物調査って何?
・ドローンを使って調査するメリットは?

建物に不具合が発生したり、古くなってきたタイミングで行う改修工事には、どこにどのような工事が必要かを事前に確認する『建物調査』が不可欠です。

一般的に、建物調査は目視によって行います。
しかし、高層階の外壁や屋根の上など、建物には通常の目視調査では確認しきれない箇所が多くあるため、着工後、足場を組んでから新たに不具合が見つかり増額…というケースも少なくありません。

山陽工業では、そのような目視調査の”死角”を無くすため、ドローンによる建物調査を行っています。

・外壁や屋根を隅々まで調査してほしい!
・高所など普段目に入らない箇所の劣化状況が知りたい!

上記のようなご要望をお持ちの方、必見です!

1.ドローンとは?

ドローンとは、プロペラを搭載した無人飛行機のことです。一般的に、地上からの遠隔操縦によって飛行します。
広い範囲を飛行できるため、農薬散布用や空撮用など様々な用途で使われています。

しかし、ドローンは、誰もがいつでもどこでも飛ばせるもの…というわけではありません。
ドローンを飛行させるには、航空法で定められた条件をクリアしなければなりません。更に、飛行するためには警察署への届け出や国土交通省への許可申請が必要です。

山陽工業では、航空法の条件の確認や、許可申請などの手続きも迅速・正確に行っていますのでご安心ください。

2.ドローンによる建物調査とは?

では、ドローンを使った建物調査がどのようなものなのか、詳しくご紹介します。

まずはこちらの動画をご覧ください。
(※音が出ますのでご注意ください。)

動画でも説明があるように、カメラを搭載したドローンを飛行させ、建物の屋根・屋上や外壁を撮影します。

ドローンを操作するパイロットの手元では、ドローンに搭載したカメラが撮影している映像を常に確認できます。

実際にドローンで建物を撮影した写真がこちらです。

飛行しながらの撮影でも、まったくブレずに綺麗に撮影することができます!

ドローンに赤外線カメラを搭載すれば、壁の内側の状況(水が浸入していないかどうか)も確認することが可能です。
赤外線カメラで撮影すると、温度の低い(=水が浸入している)箇所が青っぽく表示されるため、雨漏りの原因解明に役立ちます。

ドローン・目視によって調査した結果は、写真付きの報告書にまとめてお渡しします。
建物がどのような状態なのか、それぞれどのような工事が必要なのか、担当者が詳しくご説明しますのでご安心ください。

3.ドローンによる建物調査のメリット

通常の目視調査では確認できないような高い場所は、足場を組めば調査することが可能です。しかしその場合、調査を行うだけで足場を組む・解体する費用が発生してしまいます。また、プロと言えど人が足場に上って調査を行うので、危険が伴うという問題もあります。

それに対し、ドローンによる建物調査は、お客様所有の敷地内であれば基本的に無料で承っています。
お客様所有の敷地外(公道含む)での撮影や赤外線カメラを搭載しての撮影など、一部費用がかかるケースもございますので、ご相談ください。

また、ドローンを飛行させるだけで高い場所を調査できるため、人の転落などの恐れが無く安全です。

「無料で安全に、高所まで調査することができる」という点こそが、ドローンによる建物調査の最大のメリットなのです!

下の写真は、ドローンによる建物調査で、5階建ての建物の屋根のすぐ下を撮影したものです。目視調査では確認できないこのような箇所の劣化も、鮮明に撮影することができます。

「雨漏りが発生しているけれど、屋根の形状的に上るのが困難なため、雨漏りの原因が特定できず困っている」とオーナー様からご相談をいただいたアパートでは、ドローンによる建物調査で屋根を撮影・不具合を発見し、スムーズに補修工事を行うことができました。

4.建物調査は山陽工業におまかせください!

建物の安全性を保つための改修工事を正確に・スムーズに行うためには、工事の前に行う調査で不具合をしっかりと確認することが非常に重要です。

山陽工業では、今回ご紹介したドローンによる建物調査をはじめとした、様々な調査メニューをご用意しています。

お客様の建物の形状やお困りごとに応じて、最適な方法で調査を行い、施工プランをご提案します。

まずは一度、お気軽にご相談ください!

なお、先述した赤外線カメラによる調査については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 内装工事

お部屋の印象をガラッと変える!壁紙の貼り替え工事

ご自宅で過ごす時間が増えたという方も多い昨今、こんなお悩みありませんか?

・壁紙の傷や汚れが気になる…
・天井と壁の境目など、壁紙の継ぎ目がひび割れている…
・壁紙が全体的に色褪せて、部屋が暗く感じる…

そのお悩み、山陽工業が解決します!
主に防水工事や塗装工事を請け負っている山陽工業ですが、実はクロスなど内装の改修工事も承っています。

今回の記事では、上記のようなお悩みを解決する、壁紙貼り替え工事について詳しくご紹介します。

壁紙を貼り替えてお部屋の雰囲気を一新したい!
新しい壁紙を貼って、アパートやマンションの入居率をアップしたい!

そんなご要望をお持ちの方、ぜひご覧ください!

1.工事前の壁紙の状況

今回ご紹介するのは、大規模修繕工事を承ったマンションの、とある一室で行った壁紙貼り替え工事です。

壁紙の汚れや継ぎ目の剥がれが目立ってきたため、せっかくの機会なので丸ごと貼り替えてほしい」と、居住者様よりご依頼をいただきました。

現状を確認してみると…全体的に色褪せ黄ばみなどが目立ち、お部屋が少し暗く感じました。

また、居住者様が仰っていた通り、継ぎ目の剥がれも複数の箇所で発生していました。

こういったクロスの色の劣化・剥がれは、主に紫外線・地震の振動などによって起こるものなので、避けられない劣化です。新しいクロスに貼り替えて、お部屋をリニューアルしましょう!

2.壁紙貼り替え工事の流れ

早速壁紙貼り替え工事スタートです!

既存の壁紙を撤去

まずは、古くなった壁紙をすべて剥がします。

剥がす方法は、専用の機械を使って…というわけではなく、カッターで切り込みを入れながら手で剥がしていくという、非常にシンプルな方法です。
切り込みを入れる作業は、カッターで壁のボードを傷つけないように慎重に行います。

壁だけでなく、天井のクロスもどんどん剥がします。

すべてのクロスを剥がした状態がこちら!

あれ?剥がした跡がムラになっている部分やボードが割れてしまっている部分など、一部凹凸があるような…このままクロスを貼ってしまって大丈夫??

ご安心ください。この後の手順で、この凹凸を解消します。

パテ処理

クロスをすべて撤去したら、新しいクロスを貼る前に、「パテ処理」という作業を行います。
パテ処理とは、クロスの下地を平滑に整える作業です。

例えば下の写真のような、古いクロスを剥がした跡がムラになってしまっている部分や、ボードが割れてしまっている部分などに、そのままクロスを貼ると凹凸が目立ってしまいます。

上記のような見るからに影響が出そうな凹凸だけではなく、ボードとボードの境目や、ボードに打ったビスや釘の穴などの細かな凹凸も、薄い素材でできているクロスには大きく影響してしまいます。

そうした下地の凹凸を無くし、新しく貼るクロスを剥がれにくく・美しく仕上げるために、パテ処理を行うのです。

パテ処理では、パテ(粘土のような材料)を、ヘラを使って壁や天井に塗っていきます。
凹凸の程度により、何度もパテを塗り重ねて厚みを作っていきます。

パテ処理が完了した状態がこちらです。

新しい壁紙の貼り付け

下地の状態が整ったら、いよいよ新しい壁紙を貼り付けます。
気泡やシワなどができないように、ヘラを使って丁寧に仕上げていきます。

天井から始まり…

壁も同様に…

すべての壁・天井に新しい壁紙を貼り終わったら、施工完了です!

Before・After

施工前と施工後の写真を比較してみましょう。
居住者様のお悩みだった壁紙の汚れや継ぎ目の剥がれは、無事に綺麗になりました!

お部屋全体が明るくなりましたね!

ちなみに今回居住者様にご選定いただいたのは、こちらのクロスです。
白を基調としたシンプルなクロスに見えますが、近くでよく見るとうっすら柄が入っている、お洒落なデザインです。

3.参考価格・工事日数

気になる工事価格と日数については、以下の通りです。
なお、壁紙・下地の状況や、お選びいただいた壁紙の種類などにより価格・工事日数は変動しますので、参考までにご覧ください。

参考価格

天井の壁紙貼り替え 1,700円+税/㎡~
の壁紙貼り替え  1,950円+税/㎡~

☆今回ご紹介したお部屋(2K・天井と壁合わせて88㎡)の壁紙貼り替えの場合、諸経費を含めて27万円+税でした。

工事日数

1日~

☆今回ご紹介したお部屋の壁紙貼り替え工事の場合、2.5日で完了しました。

※工事中はご在宅をお願いいたします。

4.壁紙貼り替え工事は山陽工業にお任せ!

壁紙の劣化は、毎日目にしていると気づきにくいものです。
たかが壁紙、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、今回ご紹介したお部屋のように思い切って丸ごと新しくしてみると、まるでお部屋全体が新しく生まれ変わったように綺麗になります。

最近ですと、壁や天井の一つの面にだけ色や柄のあるクロスを貼るアクセントクロスなども人気です!

山陽工業では、お客様のご要望に沿った最適なプランをご提案いたしますので、理想のイメージなど何なりとお申し付けください。

現地調査・お見積は無料です!
まずは下のフォームまたはお電話より、お気軽にお問合せください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 建具工事

プライバシーのため、迅速に!パーテーションの補修工事

マンションやアパートのバルコニーにあるパーテーション(隔て板)、実はこんな劣化が起きやすいことをご存知ですか?

・脆くなり、曲がる・ひび割れる・割れる
・支えている金物の不具合が発生する(緩み・曲がり等)

隣のお部屋との境界線でもあるパーテーションが、劣化によって破損してしまったら…居住者様のプライバシーにも関わる重大な問題のため、迅速な対応が必要になります。

今回の記事では、破損してしまったパーテーションの復旧工事と、パーテーションの金物に発生した不具合の改善工事について詳しくご紹介します。

築年数の長いマンションやアパートのオーナー様・管理会社様は是非この記事を参考にしていただき、「自分の建物は大丈夫かな?」と確認してみてください!

1.劣化したパーテーションの現状

今回ご紹介するのは、築30年のマンションでのパーテーションの補修工事です。
ご相談をくださったオーナー様のお話によると、外壁等の修繕工事は何度か行ったが、パーテーションに関する補修工事は一度も行っていないとのことでした。

あるお部屋では、パーテーションが大きく破損していました…
突風が吹いていた日に、バルコニーに置いてあるものが倒れてパーテーションに強く当たってしまい、経年劣化によって脆くなっていたパーテーションが割れてしまったようです。

また、別のお部屋では、パーテーションを支える金物が曲がっていたり、外れていました。
このままでは、パーテーションが倒れてしまう危険性があります。

もし、自分が住むお部屋のパーテーションがこうなっていたら…1日も早く対処してほしいです!!

2.補修工事の流れ

パーテーションの補修工事はどのように進むのか、流れを詳しくご紹介します。

なお、パーテーション復旧・金物不具合改善共に、施工は1日で完了します。
※補修する数量により、2日以上かかる場合もあります。

(1)パーテーションの復旧工事

①ボードの厚みを確認

破損してしまったパーテーションのボードの厚みを確認します。
同じ厚みのボードでないと、既存の枠に取り付けることができないためです。

②枠にボードを設置

バルコニーの壁や手すり等についているパーテーションの枠に、新しいボードを取り付けます。
金物自体にも緩み等の不具合がないか、きちんと確認します。

③施工完了

ボードが正しく取り付けられたら、施工完了です。

今回は、ボードに貼ってあった注意書きのシールも新しく用意しました。
補修工事だけでなく、こういった細かな付属品のご用意もいたしますのでご安心ください。

施工前後を比較してみると…ほっと一安心ですね!!

次の項目では、パーテーションの金物に発生した不具合改善工事の流れをご紹介します!

(2)金物不具合の改善工事

①劣化した金物を撤去

曲がってしまった金物を撤去します。

②金物を加工

金物を加工し、お部屋のパーテーションに合った形状に整えます。

③金物を取り付け・施工完了

②で加工した金物を取り付けます。
緩みがないか確認し、問題なければ施工完了です。

なお、外れてしまっていた天井部分の金物は、金物自体には曲がり等の不具合がなかったため、そのまま取り付け直しました。
再び外れてしまうことがないように、新しいボルトを使ってしっかりと取り付けてあります。

施工前後を比較してみると、金物が正しく取り付けられていることが分かります。大きなパーテーションを支えるのも安心ですね。

見た目はもちろん、プライバシーや安全性もしっかり確保されました!

3.パーテーションに関するお悩みは山陽工業へ!

防水工事・外壁修繕工事を主に請け負っている山陽工業ですが…

・パーテーションが壊れてしまった!
・金物が錆びついてしまっている…
・注意書きシールが古くなり文字が読めない…

上記のようなパーテーションに関するご依頼も年間数十件いただいており、調査・お見積~施工完了まで迅速に対応することが可能です。

施工するパーテーションの枚数に関わらず、責任を持って施工いたしますのでご安心ください。

まずはお気軽にご相談ください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 工事の技術・知識 防水工事 工種別一覧

建物に必要不可欠な『シーリング材』とは?劣化症状・打ち替え工事についても徹底解説

この記事を読むとわかること

「シーリング材(シール材)」とは何か?

シーリング材が劣化したらどうなるか?

劣化したシーリング材の打ち替え工事の流れ

外壁の目地やお風呂等…室内外問わず、建物の様々な場所に使われているシーリング材
実は建物の安全性を保つ重要な役目を担っていると同時に、建物に使われる部材の中でも劣化が早いため、定期的な点検が必要です!

今回の記事では、そんなシーリング材とその劣化・打ち替え工事について詳しくご紹介します。
あなたの建物のシーリング材はどのような状態か、この記事を見ながら確認してみてください。

1.シーリング材とは?

シーリング材とは、部材と部材の継ぎ目を埋める、プニプニしたゴムのような素材(目地材)のことです。「シール」「シール材」とも呼ばれます。

よく目にする場所で言うと、以下のような目的で使われています。

外壁目地

タイルやサイディング・ALC等の目地のシーリング材は、地震等による振動の衝撃緩和水の浸入防止のために使われています。

室内水まわり

キッチンや洗面台・お風呂等、室内の水まわりのシーリング材は、部材の接合水の浸入防止のために使われています。

サッシまわり

サッシまわりのシーリング材も、室内水まわりと同じく部材の接合水の浸入防止のために使われています。

また、同じような素材で、「コーキング材」と呼ばれているものもあります。
本来、粘土状で原料が油性のものをコーキング材と呼んでいたのですが、コーキング材がほとんど使われていない現在では、「シーリング材」も「コーキング材」も同じものを指す名称として扱われています。

2.シーリング材はどのように劣化するの?

シーリング材は、主に温度変化・乾燥による収縮や膨張によって劣化します。そのため、冒頭で「建物に使われる部材の中でも劣化が早い」と説明しましたが、室内よりも室外に使われているシーリング材の方が劣化の進行は早くなります。

シーリング材は、以下の順序で劣化していきます。

劣化レベル1:チョーキング

チョーキングとは、劣化によって粉状物が浮き出る現象です。手で擦ると、チョークのような白い粉が付着します。

劣化レベル2:ひび割れ

温度変化・乾燥による収縮や膨張に加え、地震の揺れ等による衝撃が原因で、シーリング材の表面にひびが発生します。

劣化レベル3:亀裂

ひび割れが深くなり、亀裂が発生します。

劣化レベル4:破断

亀裂が深くなり、破断します。

3.劣化したシーリング材、放置すると…

シーリング材がどのように劣化していくのかは分かったけれど…雨漏りが発生していなければ、特に問題ないのでは?

そう感じる方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら答えはNOです。

室内外問わず、上で説明した「劣化レベル3:亀裂」が発生したら、シーリング材の打ち替えをおすすめします。
なぜなら、劣化したシーリング材を放置すると、以下のような影響が出る恐れがあるためです。

外壁目地(タイル・サイディング・ALC等)

壁と壁の間でクッション代わりになっているシーリング材が劣化することにより、建物の耐力が低下してしまいます。
また、シーリング材の劣化部分から水や空気が浸入することで建物の気密性も低下してしまい、雨漏りの発生に繋がります。

室内水まわり(キッチン・洗面台・お風呂等)

部材のガタつきが発生したり、部材が外れてしまうこともあります。また、シーリング材の劣化部分から水が浸入すると、部材と壁の間にカビが発生してしまいます。

サッシまわり

シーリング材の劣化部分から水が浸入して建物の気密性が低下してしまい、雨漏りの発生に繋がります。

シーリング材の打ち替えには足場架設が必要なケースが多いため、そのタイミングで外壁修繕も一緒に済ませてしまうという方が多いです!外壁修繕についても、ぜひ山陽工業へご相談ください♪

4.シーリング打ち替え工事の流れ

劣化したシーリング材を新しいものと取り替える「シーリング打ち替え工事」の手順をご紹介します。

こちらが施工前のシーリング材です。全体的にひび割れが発生しています。

①古いシーリング材の撤去

カッターで切り込みを入れ、劣化したシーリング材を剥がします。
本来、シーリング材はゴムのように伸びる素材ですが、劣化したものは引っ張るとちぎれてしまうほど弾力を失っていることが多いです。

②清掃

シーリング材を撤去した部分を清掃します。
細かいゴミ等が残った状態で新しいシーリング材を充填すると施工不良の原因になってしまうため、重要な作業です。

シーリング材を充填する目地が深い場合は、撤去・清掃後に下の写真のような「バッカー」と呼ばれる部材を使って深さを調整します。
シーリング材の充填は、深くすればするほど良いというものではなく、効果を発揮できる適切な深さがあるためです。

③養生・プライマーの塗布

シーリング材がついて汚れてしまわないように、施工箇所の周囲を養生します。
養生の完了後、プライマーを塗布します。プライマーには、シーリング材を施工箇所にしっかりと密着させる接着剤のような効果があります。

④シーリング材の充填

シーリングガンという器具を使って、シーリング材を充填します。

⑤ヘラ押さえ

シーリング材が隙間なく施工箇所に行き渡るように、ヘラで押さえながら表面を均します。
その後、シーリング材を乾燥・硬化させます。(夏季1日・冬季2日程度)

⑥養生撤去・施工完了

最後に養生を撤去して、シーリング打ち替え工事は完了です。

施工前後を比較してみると、新しいシーリング材であることが一目でわかります。これで、雨漏りや建物への悪影響の心配もありません!

外壁のシーリング材の状態は、建物全体の印象にも影響します。シーリング材が新しく綺麗なものになると、建物も綺麗に見えますね♪

なお、既存のシーリング材の撤去が困難な箇所等には、撤去せず上から新しいシーリング材を充填する「シーリング打ち増し工事」を行う場合もあります。

各施工箇所でどちらの工事が適しているか、きちんと見極めて判断した上で施工いたしますのでご安心ください。

5.シーリング打ち替え工事のご注意点・参考費用
①ご注意点

シーリング打ち替え工事を行う際は、以下にご注意ください。

・シーリング材のにおいが発生します。
・古いシーリング材を撤去する際、音が発生します。
・充填したてのシーリング材には触らないでください。

②参考費用

¥1,100+税/m~
※施工範囲の大きさにより、価格が前後する可能性があります。

6.シーリング材に関するお悩みは山陽工業へ!

シーリング材は、箇所ごとの使用範囲は広くなくとも、建物の安全性・気密性の保持という重要な役割を担っています。

しかし、外壁やサッシまわり等、普段目にしない場所にあるシーリング材の状態は、なかなか把握できないものです。

山陽工業では、シーリング材を含む建物全体の調査診断を無料で行っています!調査診断結果と補修が必要な箇所については、写真付きの報告書で分かりやすくお伝えします。
その後のお見積ももちろん無料ですのでご安心ください。

写真付き報告書サンプル

・うちの建物、このままで大丈夫?
・これって劣化症状の一つ?

シーリングに関するご相談はもちろん、上記のような建物全体に関するご相談も大歓迎です。

まずは一度、下のお問合せフォームよりお気軽にご相談ください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 防水工事 PickUp工事! 工種別一覧 外構・エクステリア工事

原因は外壁や屋根だけじゃない!地下駐車場の雨漏り修理工事

・地下の駐車場で雨漏りが発生してしまった!
・雨漏りしているけれど、どこから水が入ってきているのかわからない…

そんなお悩みをお持ちの方、ぜひご覧ください!

雨漏りが発生すると、浸入した水によって壁紙が汚れるだけでなく、家具等室内のものが濡れてしまったり、カビによる健康被害の恐れもあるため、迅速な処置が必要です。

『雨漏りの修理』と言うと、建物の屋根や壁を直すイメージがあるかと思いますが、雨漏りの原因になるのは建物だけではありません。建物の形状によっては、駐車場やお庭等、建物の外にも原因になる箇所が潜んでいることがあります。

山陽工業では、原因箇所に関わらず、どのような雨漏りも修理を承っています!

今回の記事では、マンションの地下駐車場に行った雨漏り修理工事についてご紹介します。
建物の外への雨漏り修理工事をご検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

1.雨漏り発生!原因はどのように突き止める?

今回工事を行ったのは、地下に駐車場があるマンションです。

地下駐車場の天井にある配管から雨漏りが発生したとのご相談をいただき、調査しました。

雨漏りが発生したら、雨漏りが発生した場所の近辺から水の入り口を探っていきます。

今回の建物の場合、上の図の通り雨漏りが発生した配管の真上には1階のお部屋のお庭があるため、そこを調査しました。
お庭の床にはタイルが貼られており、最初の調査でタイルの一部に浮きが確認できたため、そこが原因と判断し補修しました。しかし、それでも雨漏りは止まらず…

【図】一度目の調査・補修

更に詳しく調査を続け、お庭の排水口内を確認したところ、中にある配管の継ぎ目に隙間が発生していました。
2度目の調査で、雨漏りの本当の原因が判明しました。

雨漏りが発生した配管の真下付近には、マンション居住者様の大切なお車が…!無事に原因を突き止めることができて本当に良かったです。

今回は、雨漏りの原因である配管まわりに加え、新たな雨漏りの発生を防止するため、お庭の犬走り)にも防水処理を行いました。
※犬走り(いぬばしり)とは…泥の跳ね返り等で建物の足元が汚れないよう建物の周囲に設けられる、幅数十センチの通路状の床部分のこと。下の写真の「防水処理実施箇所②」の部分。

2.お庭・配管の雨漏り修理工事の流れ

雨漏りの原因箇所が明らかになったので、早速雨漏り修理工事を行います。

まずは、犬走りに敷いてある砂利を撤去し、清掃します。

排水口内には藻汚れ等が発生していたため、ヘラで削り取って清掃します。この作業を「ケレン」と呼びます。

次に、犬走りのコンクリート部分とお庭のタイル部分の継ぎ目に、隙間ができないように左官で補修します。
左官とは、下の写真の右側にあるコテを使って、モルタルを均していく作業です。

次に、排水口・犬走りにプライマーを塗布します。
プライマーには、後から使用する材料を密着させる、接着剤のような効果があります。

次に、隙間を埋める・隙間の発生を予防するため、排水口内の配管まわりと犬走りの入隅()にシーリング材を充填します。
※入隅(いりすみ)とは…壁や床等の二つの平面が合わさった箇所の内側の角のこと。

シーリング材は部材と部材の継ぎ目を埋めて気密性を保持するための材料です。ゴムのような素材で水を弾くので、今回のように防水材としても使われます。

次に、排水口・犬走りに防水材を塗布します。
塗布した防水材は、乾燥すると膜が形成され、塗布した箇所への水の浸入を防ぐことができます。

こちらで防水処理は完了です。
本当に水が漏れないかどうか確認するために、防水処理後に散水試験を行います。
もちろん、撒いた水は漏れずに済み、防水処理が正しく行われたことが分かりました。

最後に、犬走りに敷いてあった砂利を戻したら、雨漏り修理工事は完了です。

なお、今回ご紹介した防水工事は、2日で完了しました。

水が漏れないかしっかり確認してはじめて『工事完了』となります。これで雨の日も安心ですね!

3.雨漏り修理は、雨漏りのプロ・山陽工業へ!

今回工事を行ったマンションのように、普段なかなか目の届かない箇所も雨漏りの原因となる恐れがあります。

雨漏りを早く直したいけれど…
原因は建物の外にあるかも?
原因箇所の検討すらつかない!

そんな雨漏りに関するお悩み、何でも大歓迎です!

山陽工業は創業以来、ビルやマンションから戸建てまで、様々な規模の建物の、様々な箇所で発生した雨漏りを止めてまいりました。

原因箇所の解明のため、一般的な目視・打音による調査だけでなく、状況に応じてドローンや赤外線カメラを使用した調査)も実施しております。
※一部有料となりますので、事前にご相談させていただきます。

雨漏りによる被害が広がってしまう前に、山陽工業にぜひ一度ご相談ください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 塗装工事 小規模工事 工事の技術・知識 防水工事 PickUp工事! 工種別一覧 大規模修繕工事

雨漏りする前に!山陽工業の戸建て丸ごと改修工事を徹底解説

戸建てにお住まいの、こんなお悩みをお持ちの方必見!!

建物が古くなってきたけれど、何から手を付けたらいいかわからない…

戸建ての改修工事って、どんな工事をするんだろう…

住みながらの工事は、暮らしに制限があるのかな…

「そろそろ改修工事をするべきかな?」と思ってはいても、分からないことや不安なことが多くなかなか重い腰が上がらない…
雨漏り等不具合があるわけでもないし、もう少し先にまた考えよう…

戸建てにお住まいの方の中には、そんな風に考えていらっしゃる方も少なくないでしょう。

しかし、建物の安全性を保つためには、定期的な診断とメンテナンスが必要不可欠です。

山陽工業では、ビルやマンション等比較的大きな建物から戸建てまで、施工箇所の大小問わず改修工事を承っています!

今回の記事では、「自宅で過ごす時間が増えて建物全体の劣化が気になってきたので、丸ごと直してほしい」と居住者様よりご依頼をいただいた戸建ての改修工事について、施工手順とご注意事項を工種ごとに詳しく解説しながらご紹介します。

1.戸建ての改修工事、なぜ必要?

戸建てに限らず、全ての建物は日々、紫外線や風雨・振動等により劣化しています。

そのため、建物の内部や高所等目に見えないところを含め、建物の安全性を欠く劣化が発生していないかどうか定期的に診断し、必要な箇所に必要なメンテナンスを行うことが重要です。

また、劣化が進行したり雨漏り等の不具合が発生する前に工事を行うことで、施工範囲を最小限に留めることができます。
そのため、劣化の進行や不具合が発生してから工事を行うよりも、工事の費用は少なく済みます。

人間の身体と同様に、建物も定期的に診断・ひどくなる前に処置することが重要です!

2.無料!『建物のプロ』による調査診断

工事が必要だということは分かったけど、どこにどんな工事をすればいいの?
そんな疑問をお持ちの方も、ご安心ください!
山陽工業では、建物の調査・診断を無料で行っています。

年間450件以上の工事を請け負っている山陽工業には、長年の経験と豊富な知識を持つ一級建築施工管理技士、言わば『建物のプロ』が多数在籍しています。
お客様の建物を隅々まで調査し、建物はどのような状態か?工事が必要な箇所はどこか?どのような工事が最適か?について、写真付きの報告書とお見積を提示しながら詳しくご説明します。

【サンプル】写真付き報告書
3.戸建ての改修工事の手順

では早速、具体的にどのような手順でどのような工事を行うのか、実際の施工写真と共に、工種ごとに詳しくご紹介します。
工種ごとのご注意事項についても記載してありますので、併せてご覧ください!

⓪着工前準備~工事に関するご連絡~

改修工事の実施が決定したら、工事に関する情報をお知らせします。

●工程表

お客様へ、各工事がいつからいつまで行われる予定かについて記載した工程表をお渡しします。

●近隣の方へのご挨拶

騒音・振動・におい等でご迷惑をおかけする近隣の方々へ、工事に関するお知らせを持参し、工事担当者が直接ご挨拶に伺います。

①足場架設工事~安全な作業のために~

着工前の準備が整ったら、早速改修工事がスタートします。

初めに、上階等高い場所も安全に作業を行うために、足場を架設します。
また、足場にシートをかけて建物を覆うことで、工具落下・塗料飛散等による事故を防ぎます。
足場架設工事では、重くて大きな鉄パイプや枠を何本も組み立てます。周囲の安全を確保するために、作業中は警備員を配置します。
特に今回工事を行ったお宅は歩道沿いにあり、そのすぐ隣には交通量の多い車道があったため、建物や歩行者・車にぶつからないよう、細心の注意を払って作業を行いました。

●建物下部

●建物上部

建物の入り口付近の鉄パイプには、人が衝突してしまった際の衝撃を緩和するために、『パイプカバー』と呼ばれるクッション材を取り付けます。

足場架設工事に関するご注意!
・作業中、騒音や振動が発生します。
・シートがかかると、日光が遮断されお部屋が暗くなります。
・全ての階への出入りが可能になるため、必ず全てのカーテンを閉め、全ての窓・扉の施錠を行ってください。

②下地補修工事~建物の傷を補修~

作業するための足場が完成したら、建物の傷を補修する下地補修工事を行います。

補修漏れが発生しないよう、事前に補修が必要な箇所をマーキングしてから作業を開始します。
補修の方法は建物の状態によって様々です。
今回は、このお宅で行った欠損部分とひび割れ部分の補修についてご紹介します。

●欠損部分の補修

劣化や物の衝突等により欠けてしまった部分を補修します。
接着剤のような役割を果たすプライマーを塗布した後、モルタルで元の形状を再現します。

●ひび割れ部分の補修

劣化によりひびが入った部分を補修します。
『フィラー』と呼ばれる材料を擦りこみ、ひび割れ部分を埋めます。

下地補修工事に関するご注意!
・作業中、騒音・振動・粉塵が発生します。

③シーリング工事~気密性を向上~

シーリング材とは、部材と部材の継ぎ目を埋めて気密性を保持するための材料です。

劣化したシーリング材を撤去し、汚れないよう周囲を養生します。その後、プライマーを塗布し、シーリング材を充填してヘラで密着させます。

シーリング材が使われていない部分に、気密性向上のために新たにシーリング材を充填することもあります。
今回のお宅では、排気口カバーと外壁の継ぎ目をシーリング材で埋めました。

シーリング工事に関するご注意!
・シーリング材が完全に乾くまで3日程度かかります。その間、シーリング材には触れないようご注意ください。

④洗浄工事~塗装・防水工事の下準備~

綺麗に洗顔してから保湿やお化粧をするのと同様に、後に続く塗装工事と防水工事を確実に・美しく仕上げるために、高圧洗浄機を使って洗浄工事を行います。

今回のお宅では高圧洗浄機による洗浄のみ行いましたが、タイルやコンクリート等がある場合は、薬品を使って洗浄します。

洗浄工事に関するご注意!
・作業中、騒音が発生します。
・外壁全体に水をかけて洗浄するため、作業中はバルコニーの使用(洗濯物干し含む)ができなくなります。
・サッシ廻りから室内へ浸水する恐れがあります。窓を施錠し、サッシの下に雑巾等を敷いてください。

⑤塗装工事~外観を強く・美しく~

建物の印象を大きく左右する塗装工事を行います。

外壁や天井だけでなく、樋や排気口カバー等の鉄部も塗装するため、塗装工事の施工範囲は非常に広い(ほぼ建物全体!)です。

●外壁塗装

外壁塗装では、塗布するだけで小傷の補修ができる下塗り材を塗布した後、色のついた上塗り材を2回重ね塗りします。重ね塗りすることで、壁表面に厚い塗料の膜が形成され、強度を高めることができます。

●天井塗装

天井の塗装で使用する上塗り材は密着性が高いため、下塗り材は使用せず(※)に、上塗り材を2回塗り重ねます。
※塗膜が剥がれてしまっている等、施工箇所の劣化が激しい場合は、下塗り材を使用することもあります。

●鉄部塗装

鉄部塗装では、『ケレン』と呼ばれる作業でサビてしまっている部分を削り取ってから、サビ止め材⇒上塗り材1回目⇒上塗り材2回目の順に塗り重ねます。
サビ止め材を塗布することで、サビの再発を防ぐことができます。

塗装工事に関するご注意!
・作業中、塗料のにおいが発生します。
・塗料が完全に乾くまで12時間程度かかります。その間、塗装部分には触れないようご注意ください。
・塗料が飛散する恐れがあるため、作業中はバルコニーの使用(洗濯物干し含む)ができません。
・排気や排水が作業に影響するため、作業中は給湯器やエアコンの使用ができない可能性があります。

⑥防水工事~雨漏りを予防~

直射日光を浴び、雨に打たれ、風に吹かれ…毎日過酷な環境に耐えてくれている、屋根やバルコニー等の防水材を改修し、雨漏りを予防します。

使用する防水材によって、施工手順は異なります。
今回のお宅では、バルコニーには一般的なウレタンの防水材を使用しましたが、屋根は金属でできていたため、金属屋根に最も適した防水材を使用しました。

●屋根

ケレン作業で劣化した防水材を削り取った後、プライマー⇒防水材⇒仕上げ材1回目⇒仕上げ材2回目の順に塗布していきます。
また、今回のお宅の屋根は雨漏りの原因になりやすい凹凸が多かったため、防水材を塗布する前にシーリング材を充填しました。

●バルコニー

屋根と同様にケレン作業を行った後、プライマー⇒防水材1回目⇒防水材2回目⇒仕上げ材の順に塗布していきます。

防水工事に関するご注意!
・作業中、防水材のにおいが発生します。
・防水材が完全に乾くまで12時間程度かかります。その間、施工部分には触れないようご注意ください。
・防水材が飛散する恐れがあるため、バルコニーでの作業中は使用(洗濯物干し含む)ができません。
・排気や排水が作業に影響するため、作業中は給湯器やエアコンの使用ができない可能性があります。

⑦クリーニング工事~全体の仕上げ~

建物を『直す』作業が完了したら、最後に建物全体を綺麗にクリーニングします。

クリーニング工事に関するご注意!
・窓付近での作業もあるため、窓を施錠し、カーテンを閉めてください。

⑧足場解体工事~最後まで安全に~

全ての改修工事が完了したら、作業に使っていた足場を解体します。改修工事を行って生まれ変わった建物の全景は、足場解体後にやっとお披露目となります!

最後まで気を抜くことなく、安全に・慎重に作業を行います。

足場解体工事に関するご注意!
・作業中、騒音や振動が発生します。

⑨Before・After

改修工事前と後の写真を比較してみましょう。

外壁を明るい色で塗装したため、建物の印象が明るくなりました!
もちろん、これまで解説した通り、屋根やバルコニー・シーリング部分等もしっかり改修され、建物の安全性も向上しました。

これで、この先も安心して住み続けることができますね!

4.戸建ての建物に関するお悩み、何でもご相談ください!

戸建てに長く住んでいると、外壁の汚れやひび割れ、バルコニーの防水材の剥がれ等、何となく気になる部分が少しずつ現れてくるものです。

先述した通り、建物の安全性を保つためには、雨漏り等の不具合が発生する前に適切な処置を行うことが重要です。

建物の調査・診断は無料で承っています。

建物が今どのような状態なのか調査してほしい!
どれくらい費用が掛かるのか、一番安く済む方法も知りたい!

そんなご相談も大歓迎です。
戸建ての気になる部分やお悩みの解決は、先延ばしにせず、ぜひ一度山陽工業へご相談ください!

なお、山陽工業では、工事中・工事完了後のあらゆるリスクに備えた補償・保証の体制を万全に整えてありますので、ご安心ください!
補償・保証については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 内装工事 建具工事

山陽工業のダイノックシート工事で、家具や建具が生まれ変わる!

・お部屋の雰囲気を一新したい!
・家具や建具の傷・汚れが目立ってきた!

けれど、大きな家具は購入にも処分にも手間やお金がかかり、建具の補修・交換には大掛かりな工事が必要になってしまう…

そんなお悩みをお持ちの方、必見です!

山陽工業がおすすめする「ダイノックシート」なら、今ある家具や建具を美しく&お好みのデザインに一新することができます。

ご自宅でもオフィスでも、施工は可能です。

今回の記事では、ダイノックシートと貼り付け工事の流れについて、実際の施工写真とともに詳しくご紹介します。

1.ダイノックシートとは?

ダイノックシートとは、一般的な壁紙・ビニールクロスより強度が高い、高級な装飾シートです。

傷に強いものや消臭効果のあるもの等、様々な機能を持つシートがあるので、家具だけでなく、水まわり(キッチン・洗面台等)や屋外(外壁やサッシ等)にも使用することができます。

また、デザインも非常に豊富です。単色カラーはもちろん、石調・木目・メタル・抽象柄といった、天然素材の質感を再現したものから、お部屋の雰囲気に合わせてお好みのデザインを選ぶことができます。

言うなれば、最近よく見る「リメイクシート」の高級Ver.です!

2.ダイノックシート貼り工事

今回の記事でご紹介するのは、弊社オフィスで行ったダイノックシート貼り工事です。
オフィス全体の内装リフォームに伴い、棚や窓枠等、様々なものにダイノックシートを貼りました。

工事前の状況

<棚>

背面のみ色が異なるデザインの棚です。室内全体を見るとちょっと浮いており、落ちない汚れ(下の写真の赤丸部分)もついてしまっています。
今回は、前面と同じ木目調のダイノックシートを貼ることにしました。

<窓枠>

明るい色の木材でできている窓枠です。紫外線によって表面のコーティングが剥がれ、ザラつきや色褪せが発生しており、棚と同じく落ちない汚れ(下の写真の赤丸部分)もついてしまっています。
今回は、同じ明るい色の木目調のシートを貼ることにしました。

<金庫>

貴重品を入れる小型金庫です。
目立つ劣化はありませんが、オフィスの雰囲気を一新・統一するために、棚と同じ色の木目調のシートを貼ることにしました。

<ブレーカーの扉・枠>

室内外問わずよく見かける「グレーの鉄部扉・枠」です。
金庫と同様に目立つ劣化はありませんが、オフィスの雰囲気を一新・統一するために、温かみのある木目調のシートを貼ることにしました。

<玄関扉>

鮮やかな青色の玄関扉です。
コンクリート打ちっぱなしの壁に馴染むデザインにしたいと考え、明るく温かみのある木目調のシートを貼ることにしました。

工事の流れ・注意事項

まずは、貼り付ける箇所の寸法を測り、少し大きめにダイノックシートをカットします。

次に、密着度を高めるために、シートを貼る箇所に接着剤を塗布します。
【ご注意】接着剤のにおいが発生します。

次に、シートをヘラで押さえて密着させながら貼り付けます。
シートは大きめにカットしてあるので、余った端の部分はカッターで切り取ります。

ブレーカーや金庫は、扉を外して扉・枠にシートを貼り付けます。

シートの貼り付けが終われば、工事は完了です。
【注意事項】施工箇所の室内外問わず、工事が完了するまで立ち会っていただく必要があります。

Before・After

工事前と工事後の写真を比較してみましょう。

棚は前面と同じ木目調のシートを貼ったことで統一感が生まれました。棚というより、お洒落なパーテーションのようになりました。

窓枠は、色味に変化はありませんが、ダイノックシートが持つ光沢によって高級感が生まれました。紫外線に強いシートを使っているので、経年劣化も発生しにくくなっています。

窓についているウッドブラインドの色とも相性抜群です。

金庫にも棚と同じ木目調のシートを貼ったことで、金庫とは思えないほど空間に馴染んでいます。

ブレーカーの扉と枠は、家具のようにお洒落になりました。
この扉は収納棚の中にあり、物がぶつかることが多いのですが、ダイノックシートは強度が高く傷に強いので安心です。

玄関扉は、明るくナチュラルな印象になりました。
手触りがサラッとした、マットなデザインのダイノックシートを貼ったため、指紋もつきにくくなりました。

また、今回記事を執筆するにあたり、オフィス内のダイノックシートを改めて観察してみました。
金庫やブレーカー扉等、角が多く細かな部分もしっかり貼り合わせてあり、シートの継ぎ目はよく目を凝らさないと分からないほど綺麗に仕上がっています。

多少複雑な形状の家具や建具でも、綺麗に仕上げることが可能です!

3.参考:施工にかかる費用・日数

※下記費用・日数は参考です。施工箇所の状況や選ぶシートの種類によって前後しますので、まずはご相談ください。

<施工費用>

¥6,000~/㎡

<施工日数>

1日~

4.ダイノックシート貼りは山陽工業へ!

多彩なデザイン・機能性を持つダイノックシートで、お部屋の雰囲気を変えてみませんか?

様々な建物のお悩みを解決している山陽工業では、ダイノックシート貼り工事の実績が多数ございます。
その豊富な経験から、お客様のご希望やご予算に合わせた最適なプランをご提案できます!

調査・御見積は無料で承っていますので、まずはお気軽にお客様のお悩みをご相談ください。

なお、前述した通り、ダイノックシートは屋外や水まわり等、様々な場所に使用することが可能です。
こちらの記事では、マンションの玄関扉にダイノックシートを貼った工事について詳しくご紹介しています。

また、弊社オフィスの内装リフォームについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 設備工事 PickUp工事! 工種別一覧 内装工事

蛇口だけ・便座だけでも大歓迎!山陽工業の水まわりリフォーム

キッチンやトイレ等、水まわりの設備は、私たちの生活に無くてはならない存在です。

故障したわけではないけれど…毎日何度も使うものだからこそ、こんなお悩みはありませんか?

 生活スタイルや家族構成の変化に伴い、使い勝手が悪くなってきた…
 デザインが古い…

山陽工業では、水まわりのリフォームも承っています!

水まわりのリフォームと一口に言っても、キッチンの蛇口だけ・トイレの便座だけ等「特定の箇所のみ」から、キッチン・トイレ・お風呂等の「水まわり全体」まで、施工範囲の大小は問いません。
お客様のご要望・ご予算に合わせて最適な形にリフォームいたします!

今回の記事では、キッチン・トイレのリフォームについて、実際の施工写真と共に詳しくご紹介します。

1.施工前の状況・お客様のご要望

今回ご紹介するのは、都内にあるマンションの一室で行った水まわりのリフォーム工事です。

このマンション全体の改修工事を山陽工業で請け負わせていただいており、その際にこのお部屋の居住者様から水まわりに関するご相談がありました。

居住者様曰く、「自分だけでなくいずれは孫が使うことも考えて、使い勝手の良い部屋にしたいとのことでした。
具体的なご要望は以下の通りです。

<キッチンについて>

ハンドルを上から押すと水が出る仕組みの蛇口ですが、手が少し当たっただけで水が止まってしまうのがストレスなので、「下から押し上げると水が出るタイプのものに変えたい」とのご要望でした。

既存のキッチン蛇口

<トイレについて>

冬場は特に便座が冷たく感じるので、「保温機能がついたものに変えたい」とのご要望でした。

既存の便座

水漏れ等の不具合がなくとも、使い心地に関するお悩みが出てきやすい水まわり。ご要望通り、使い勝手の良いものにリフォームしましょう!

2.リフォームの流れ【キッチン蛇口編】

リフォームの流れについて、詳しくご紹介します。
まずは、【キッチンの蛇口編】です!

①キッチンを一時撤去

まずは、キッチンを解体して一時的に撤去します。
床が傷つかないよう、養生もしっかり行います。

撤去後の状態がこちらです。

②既存の蛇口を撤去

既存の蛇口を撤去します。繋がっている配管も取り外します。

③新しい蛇口の取り付け

新しい蛇口を取り付け、配管を繋げます。

④キッチンの再設置

一時撤去していたキッチンを再度設置します。
特に排水管は、正しく繋がっていないと水漏れの原因になってしまうため、慎重に・確実に接続作業を行います。

⑤シーリング処理

最後に、キッチンと壁の境目・蛇口まわりの隙間をシーリング材で埋めます。
シーリング材とは、部材と部材の継ぎ目を埋めて気密性を保持するための材料です。お風呂の壁と浴槽との間や、外壁とサッシとの間等に多く使われています。

シーリング材が付着しないよう周囲を養生してから、シーリング材を充填し、ヘラで押さえて密着させます。

⑥施工完了

試しに水を流し、問題ないことが確認できたら、施工完了です!

ご要望通りの使い勝手はもちろん、デザインが新しくなったことで、キッチンの印象もより良くなりました。

3.リフォームの流れ【トイレの便座編】

続いて、トイレの便座のリフォームの流れをご紹介します。

①既存の便座を撤去

まずは、既存の便座を取り外して撤去します。

②配管の取り替え

既存の配管を取り外します。
今回新たに取り付ける便座には温水洗浄の機能がついているため、温水用の配管を新しく取り付けます。

新しく取り付けた配管がこちらです。
この後、写真の赤丸部分に温水用の配管を繋げます。

③新しい便座の取り付け

新しい便座を取り付けます。

④新しい配管の接続

②で取り替えた配管に、温水用の配管を繋げます。

⑤通電チェック

今回新たに取り付ける便座は、保温や温水洗浄のために電気を使用するので、問題なく電気が通るかどうかチェックします。

通電チェック(数値が100前後であれば問題なし)
⑥施工完了

試しに水を流し、問題ないことが確認できたら、施工完了です!

居住者様には、ご要望にあった保温機能だけでなく、最新の便座のお手入れがしやすいという点にも大変ご満足いただけました。

4.参考:取り付け費用と施工期間

●参考:取り付け費用

・キッチン蛇口交換 3万円+税~
・トイレ便座交換 6万円+税~

上記に加え、ご選定いただいた設備の代金がかかります。

●参考:施工期間

1日/1箇所~で施工可能です。

※上記費用・期間は、工事内容やお部屋の状況等により前後します。ご予算やご要望内容に沿って最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

5.施工時の注意

施工の際は、以下にご注意ください。

・施工中は居住者様のご在宅が必要になります。
・施工中は音・振動が発生します。
・水道を元栓から締めて施工するため、施工する箇所に関わらずお部屋全体の水の使用ができなくなります。
※水が使用できなくなる範囲は建物によって異なりますので、事前にご相談させていただきます。

6.水まわりのリフォームは山陽工業へ!

水まわりの設備は年々進化しています。
毎日何度も使うものだからこそ、特に気になる部分だけでも、「より使い勝手の良いもの」にリフォームしてみてはいかがでしょうか?

施工範囲の大小に関わらず、お客様のご要望とご予算に合わせた最適なプランを、建物のプロがご提案いたします。

調査・御見積は無料です!
まずは一度、お気軽にお問い合わせください。

また、こちらの記事では、お風呂のリフォームについて詳しくご紹介しています。併せてご覧ください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 外構・エクステリア工事

私有地内でも安全確認を可能に!カーブミラー設置工事

カーブミラーは、車・自転車の運転や歩行の安全確認に欠かせないものです。

今は見通しが良い場所でも、マンションなどの建物が建築されたり、道路の交通量が増えたりすることで見通しが悪くなり、カーブミラーが新たに必要になる場合もあります。

公道にカーブミラーを設置する場合は、その道路の管理者に依頼をして設置してもらうことが可能ですが、私道や私有地内に設置する場合は、自ら業者を探して依頼する必要があります。

そのカーブミラーの設置、山陽工業にお任せください!
塗装・防水工事をはじめとした建物改修を行う山陽工業では、「カーブミラーの設置工事」も1本~承っています。

今回の記事では、カーブミラー設置工事について、実際の施工写真と共に詳しくご紹介します。

1.施工プラン

今回工事を行ったのは、千葉県のとある一戸建てのお宅です。
弊社のHPを見たオーナー様より、「自宅の駐車場の入出庫用に、カーブミラーを設置したい」とご相談をいただき、施工しました。

施工を始める前に、カーブミラーの詳細・設置箇所についてお打合せを行います。

カーブミラーは、よく見かけるポール型のものはもちろん、下の写真のように壁や塀等にミラーのみを取り付けることも可能です。
また、ミラーやポールのデザイン・大きさ等、詳細なご希望をお伺いします。

今回のお宅では、オーナー様の「景観に馴染むデザインにしたい」というご希望に合わせ、ダークブラウンのポール型ミラーを採用しました。

また、設置箇所については、左右どちらも安全確認ができるように、建物の左側と右側に1本ずつカーブミラーを設置することにしました。

2.カーブミラー設置工事の流れ

それでは早速、施工開始です!

まずは、カーブミラーを取り付ける位置を確認します。
今回のお宅のように、既にコンクリートを打設してある場所にカーブミラーを設置する場合は、コンクリートを撤去する必要があるため、撤去する範囲も併せて確認します。

次に、コンクリートを撤去します。
電動のこぎりで切り込みを入れ、ドリルでコンクリートを剥がしていきます。この作業を斫り(はつり)作業と呼びます。

斫り作業が完了したら、カーブミラーの高さを調節し、取り付けます。

次に、新たにコンクリートを打設して、カーブミラーを設置します。

コンクリートが硬化するまでの間、カーブミラーが倒れてしまわないよう、木で固定します。

充分に乾燥させ、コンクリートが完全に硬化したら、カーブミラーが地面に水平に設置されているかを確認します。

水平確認には、「水平器」という道具を使用します。

水平器

ミラーのポール部分に水平器を当て、水平器内の気泡の位置が内側の線の間にあれば、水平であるということが確認できます。

結果、左右どちらのカーブミラーも、水平に設置されていることが確認できました。

わずかな傾きでも、それが原因で倒れてしまう恐れもあります。細心の注意を払って確認を行います!

これでカーブミラー設置工事は完了です!
オーナー様のご希望通り、景観を損ねないスタイリッシュなカーブミラーが設置されました。

3.参考費用・施工時の注意

●参考費用

ポール型ミラー 1本10万円+税~、2本15万円+税~
※ミラーのデザインや大きさ、また、建物や設置箇所の状況により前後しますので、ご相談ください。

施工時のご注意事項

施工の際は、以下についてご注意ください。

・斫り作業の際、騒音・振動が発生します。
・硬化中のコンクリート周辺は立ち入り禁止になります。
・施工中、施工箇所周辺に置いてある物をご移動いただきます。
・駐車場へ施工する際は、施工中に一部車両をご移動いただく場合がございます。

4.カーブミラー設置工事は山陽工業へ!

通行の際の安全確認に必須であるカーブミラー、私道や私有地内への設置はぜひ山陽工業へお任せください!

建物・道路の状況やお客様のご要望に応じて、最適なプランをご提案します。

現場調査・御見積は無料ですので、まずはお気軽にお問合せください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 防水工事 PickUp工事! コンクリート再生工事 工種別一覧

壊したくない建物に…IPH工法で雨漏り修理+長寿命化

コンクリート造の建物に関して、こんなお悩みはありませんか?

・目立つひび割れがいくつもできている…
・何度工事をしても同じ場所で雨漏りを繰り返す…

築年数が長くなると、建物の劣化は避けられない問題です。

毎回高いお金を払って工事するなら、いっそ取り壊して新しく建て直した方がいいのでは?と考える方も少なくないでしょう。

しかし、思い入れのある大切な建物や、役所や学校・病院等毎日多くの人が利用する建物は、できれば取り壊さず、今のまま残したい…

その願いを、山陽工業の「IPH工法」で叶えることができます!

今回の記事では、山陽工業がおすすめする「IPH工法」について、実際の施工写真と共に詳しくご紹介します。

1.IPH工法とは

IPH工法とは、コンクリートの内部(Inside)に樹脂を注入し、加圧状態(Pressure)硬化(Hardening)させる工法です。

通常の雨漏り修理工事との違いは、何といっても「削ったり壊したりすることなく、雨漏り修理ができる」という点です。

IPH工法は、コンクリートの表面に小さな穴をあけて特殊な樹脂を注入することで、水の通り道を塞ぎ、雨漏りを防ぎます。
目視で確認できないほどの小さなひび割れにも樹脂を注入することができるので、通常の雨漏り修理工事後に発生しやすい「雨漏りの再発」も防止する高い効果が期待できます。

また、コンクリート内部の隅々まで樹脂が行き渡り接合することで耐久性が高まり、建物自体の長寿命化に繋がります。

言わば、「プレミアムな雨漏り修理工事」です!

2.施工した建物の現状

今回の記事でご紹介する建物は、都内のとある体育館です。

体育館を運営されている方から、「建物自体が古いからか、何度工事をしても雨漏りが止まらない」とご相談をいただきました。

こちらが雨漏り箇所の様子です。
天井ボード一面に、水染みが広がってしまっています…

建物の躯体の状態を確認するため、天井ボードを撤去します。

中のコンクリートの状態を見てみると、広い範囲でひび割れが発生していました。

ちょこっと修理したくらいでは適わなそうなひび割れですね…

「古い体育館ではあるけれど、利用する方がたくさんいらっしゃるため、できれば壊さずにずっとこのまま残していきたい。」

そんな思いを口にされた運営者様へ、IPH工法が最適であるとご提案し、施工させていただきました。

3.IPH工法による雨漏り修理の流れ

まずは、樹脂を注入する箇所をマーキングしていきます。

ひび割れの状態によって、注入箇所の間隔は異なります。
今回発生していたような「実際に雨漏りが発生しているひび割れ」には狭い間隔で、「まだ雨漏りが発生していないひび割れ」には広い間隔で注入します。

次に、マーキングした箇所に、樹脂を注入するための穴をあけます。
穴をあけることを穿孔(せんこう)と呼びます。

IPH工法では、水で湿潤し、削粉を回収しながら穿孔を行うので、粉塵が発生しない、クリーンな状態で作業ができます。
また、無振動・低騒音のドリルを使用するため、騒音が軽減されます。

次に、「台座」と呼ばれる部材を、シーリング材を使って穴に取り付けます。

*台座(だいざ)とは…IPH工法の樹脂を注入する機材の土台となるものです。
*シーリング材とは…ゴムのように弾力がある素材で、主に部材と部材を接合させるために使われます。

台座の取り付けが完了しました。

台座がズレてしまうと、樹脂が漏れたり、樹脂を充分に注入できなくなる恐れが…!台座の取り付けは、非常に重要な作業です!

次に、樹脂を注入します。
IPH工法では、「IPHカプセル」と呼ばれる特殊な器具で注入を行います。

IPHカプセル内に入っている樹脂は、コンクリートの内部から引っ張られるようにゆっくりと入り込み、ひび割れを樹脂で満たします。

注入した樹脂が完全に硬化したら、IPHカプセルや台座・シーリング材をすべて撤去し、あけた穴をモルタルで埋めます。
この作業を「埋め戻し」と呼びます。

こちらでIPH工法による雨漏り修理工事は完了です!

施工前後を見比べてみると…
ひび割れがしっかり補修されていることが分かります。

コンクリート内部のひび割れも、隅々まで樹脂が注入されているので、雨漏りの心配ゼロです!

4.雨漏りにお困りなら、山陽工業へ!

今回ご紹介した「IPH工法」、聞き慣れない特殊な工法ではありますが、山陽工業では、IPH工法による雨漏り修理工事の実績が多数あります。
実際に施工する作業員も経験が豊富ですので、ご安心ください。

もちろん、ご提案するのはIPH工法だけではありません。
建物の状況やお客様のご要望から、建物のプロが最適な工法をご提案いたします。

建物の調査・御見積は無料ですので、まずは一度ご相談ください。

こちらのページでIPH工法について更に詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 建具工事

放置は危険!劣化したガラスの交換工事

割れたガラスが危険であることは、皆さんよくご存知かと思います。
しかし危険なのは、既に割れてしまっているガラスだけではありません。

一見問題なく見えるガラスも、地震等による振動や経年劣化により耐久性が落ち、脆くなっていることがあります。
脆くなったガラスは、軽くぶつかった程度の小さな衝撃だけで割れてしまい、人や物の転落等の恐れもあります。

室外にあるガラスは劣化が進みやすいため、特に定期的なメンテナンスが必要です!

山陽工業では、マンション・ビルの共用部等にあるガラスの交換工事も承っています。

今回の記事では、とあるマンションで行ったガラス交換工事について詳しくご紹介します。

1.割れたガラス…放置すると危険!

今回工事を行ったのは、とあるマンションのバルコニーの手摺部分です。

手摺のガラスの一部に突然ヒビが入ってしまい、危険且つ見た目も良くないので交換してほしいとのご依頼をいただきました。

自宅のバルコニーの手摺がこんな風になっていたら、いつ割れて散乱するかとヒヤヒヤしてしまいますね。

ガラス全体の状態を確認したところ、ヒビが入っていない部分も耐久性が落ちてしまっており、早急に交換が必要と判断しました。

一箇所でも割れてしまうと大変危険なので、ガラス交換工事は特にスピードが重要です!

2.ガラス交換工事の流れ

それでは早速、ガラス交換工事開始です。

まずは、ガラスを固定する「シーリング」に、カッターで切り込みを入れて取り除きます。
シーリングとは、ゴムパッキンのように弾力のある材料で、ガラスやサッシ・外壁等の部材と部材の間を埋めるために使われます。

シーリングを撤去したら、割れたガラスを取り外します。
ガラスは重く滑りやすいので、衝撃を与えないよう慎重に作業します。

次に、新しいガラスを取り付けます。

次に、新しく取り付けたガラスを固定するために、シーリングを充填します。
作業前には、周りが汚れないように養生を行います。

シーリングが乾燥して硬化したら、養生を外し、施工完了です!

安全性が向上し、見た目も綺麗になりました!

3.ガラス交換工事は山陽工業へ!

山陽工業では、ガラス交換のみのご依頼も承っています。

特にマンションやビル等の共用部にあるガラスは、割れると多くの人を危険にさらしてしまうため、定期的なメンテナンスと迅速な補修・交換が必要です。

ヒビが入ってしまっているガラス交換のご相談はもちろん、
・ガタつきがある
・ガラス全体が古びてきた

といったご相談も大歓迎です!

調査・御見積は無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 工種別一覧 外構・エクステリア工事

建物の「顔」を美しく&安全に!外構の補修工事

建物の外構に関して、こんなお悩みありませんか?

車をぶつけて花壇が壊れてしまった!

フェンスが一部外れてしまって危険!

大きな地震で塀がひび割れてしまった!

建物のイメージに大きく影響する外構は、建物の顔とも言えるほど重要です。

しかし、外構も建物と同じように、年月を経て劣化していきます。特に道路に面したフェンスや塀・花壇等は、自動車等の排気ガスで汚れてしまったり、自動車やバイクがぶつかって破損してしまうなど、目立つ劣化が発生しやすくなります。

山陽工業では、劣化した外構を美しく蘇らせる、外構の補修工事も承っています!

今回の記事では、外構のうち、花壇を補修した工事について詳しくご紹介します。

1.花壇の現状

今回工事を行ったのは、都内にあるマンションのエントランスにある花壇です。

車が衝突して花壇の一部が破損し、花壇の中の土が出てきてしまっていました。割れた石が危険であることはもちろんですが、マンションの入り口のすぐ脇にある花壇なので、非常に目立ちます…。

この花壇は、ピンコロ石と呼ばれる立方体の石を積み上げてつくられたものです。

破損してしまった部分に新しいピンコロ石を設置して、花壇を安全・綺麗に補修します!

2.補修工事スタート

まずは、ピンコロ石の上に流れ出てしまっている花壇の土を綺麗に清掃します。

一部が欠けているピンコロ石も新しいものと取り替えるので、削って撤去します。

次に、セメントと川砂(*)を混ぜて、モルタルをつくります。
*川砂(かわすな)…河川の底で採取された砂

モルタルができたら、新しいピンコロ石を設置します。
事前にサイズを測っておき、同じ大きさ・同じ色(または近似色)のピンコロ石を用意します。

今回用意したのは、9cm×9cmのピンコロ石です!

ピンコロ石を設置する手順はシンプルで、下の①~②の繰り返しです。

①設置する箇所にモルタルを塗る
②①の上(または横)にピンコロ石を設置する

次に、側面からモルタルを更に塗り込み、隙間を無くしながら表面を平らにならします。

次に、石が綺麗に見えるよう、表面についたモルタルを洗い流します。

最後に、流れ出て減ってしまった花壇の中の土を追加します。

3.補修工事完了

こちらで花壇の補修工事は完了です!
既存のピンコロ石と並んでいても、色やサイズ等に違和感が全くありません。

施工前と比較してみると、綺麗な花壇が蘇ったことがよくわかります。

中の土もしっかり盛ってあるので、何を植えようか楽しみになりますね!

4.外構の補修工事も山陽工業へ!

山陽工業では、防水・塗装工事をはじめとした外装工事だけでなく、マンション・ビルのエントランスや戸建てのお庭等の外構工事も承っております。

「補修したい範囲は小さいので、とにかくスピーディーに対応してほしい!」

「どんなものがオススメか提案してほしい!」

建物の顔である外構を、お客様のこだわりやご要望を大切にしながら、美しく安全に補修できるプランをご提案いたします。

調査・御見積は無料ですので、ぜひ一度ご相談ください。

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 設備工事 PickUp工事! 工種別一覧

屋上がスッキリ!高架水槽撤去工事

もう使っていない高架水槽がボロボロになってしまった!
そんなお悩みありませんか?

マンションやビル等の屋上にあり、現在は使われていないことが多い「高架水槽」。
あっても邪魔にはならないから…とそのままにしておくと、劣化によって建物に悪い影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

山陽工業では、防水・塗装等の改修工事だけでなく、「高架水槽の撤去工事・補修工事」も承っています。
今回の記事では、高架水槽とそれに必要な工事について、詳しくご紹介します。

1.高架水槽とは?

高架水槽とは、本管の水道から各敷地内に、重力で水を送り込むための設備です。

かつて水を送り込むポンプの力が弱かった頃、マンションやビル等大きな建物の主流の給水方法として、高架水槽が採用されました。
しかし、2000年台後半からポンプの性能が良くなり現在ではほとんどの建物で不要となりました。

2.古くなった高架水槽…撤去するべき?

では、現在は使われておらず、劣化してしまっている高架水槽は、撤去するべきなのでしょうか?
その答えは、一概には言えません。
「撤去する」・「残しておく」どちらにもメリットがあるのです。

(1)撤去するメリット

★建物への影響を無くせる

現在取り付けてある高架水槽は取り付けてから20年以上経っているものが多く、劣化がかなり進んでいると考えられます。
高架水槽を支える架台がサビて倒壊してしまったり、配管にあいた穴から雨漏りしてしまったり…
高架水槽の撤去によって、そういった建物への悪い影響を無くすことができます。

★メンテナンスのコスト・手間をカットできる

高架水槽も建物と同様に、定期的なメンテナンスが必要です。年に一度の水槽内の清掃に加え、中に溜めている水も年に一度、専門機関に提出して検査してもらう必要があります。
水槽の外側には、内部に太陽光が入らないよう、特殊な塗料を塗る必要もあります。
高架水槽を撤去すれば、メンテナンスにかかるコストや手間は一切不要になります。

(2)撤去せず残しておくメリット

★非常用・災害用の水を確保できる

先述した定期的なメンテナンスが必須になりますが、地震等による断水時にも水を確保することができたり、火事の消火にも使用することができます。
その場合も、安全を維持するために、劣化部分の補修をおすすめします。

今回の記事では、高架水槽の「撤去工事」について詳しくご紹介していますが、山陽工業では高架水槽の「補修工事」も承っています。
撤去しようか残しておこうか迷っている…とお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

3.撤去工事の流れ

今回ご紹介するのは、都内にあるマンションの屋上にある高架水槽の撤去工事です。

「使っていない高架水槽がかなり古くなったので、撤去したい」とのご相談をいただき、施工いたしました。

施工前に高架水槽の状態を見てみると、全体的にサビや汚れが目立ちました。

下の方は雨水の影響を受けやすいためか、特に劣化が目立ちました。
配管はサビついているだけでなく一部腐食してしまっていたり、屋上の床にはサビ汚れがついてしまっていました

現状を確認できたので、早速撤去工事を開始します!

まずは、上の方についている高架水槽(球体のもの)を撤去します。高い位置にあるので、慎重に作業します。

次に、高架水槽を支えている架台を撤去します。

次に、水の通り道として使われていた配管を電動のこぎりで切断し、撤去します。
電動のこぎりを使用する際に発生する火の粉は、飛散すると屋上の防水層を焼いてしまい雨漏りの原因になるため、注意しながら作業します。

高架水槽・架台・配管すべての撤去が完了しました。

しかし、このままでは、配管の断面に雨水等が入り込んでしまいます…。

そのため、最後に配管にキャップを取り付けて、しっかりと蓋をします。

こちらで高架水槽の撤去工事は完了です。

大きな高架水槽が撤去され、屋上がスッキリしました!

撤去工事は基本的に半日~1日で完了します。

なお、撤去費用は建物の状況・高架水槽の大きさや形により大きく変わりますので、まずは一度ご相談ください。

*参考:今回ご紹介した高架水槽(0.5t)の撤去工事は50万円+税で承りました。

*補修工事の場合、工事期間・費用共に建物の状況・高架水槽の大きさや形により異なります。

4.高架水槽の撤去工事・補修工事は山陽工業へ!

山陽工業では、高架水槽の撤去工事や補修工事のみのご依頼も大歓迎です!

屋上に上がらないとなかなか目にすることのない高架水槽ですが、今一度状態を確認し、撤去や補修を検討してみてはいかがでしょうか?

先述した通り、撤去するか残しておくかお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

なお、今回ご紹介した案件は高架水槽の撤去のみのご依頼でしたが、山陽工業では撤去後の屋上床の洗浄や補修・防水工事も承っています。併せてご検討ください!

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

カテゴリー
全てのブログ 小規模工事 PickUp工事! 内装工事

くすんだ木が明るく蘇る!和室等の木部の「あく洗い」

この記事を書いた人 山陽工業 かおり

・山陽工業で働く1児の母(2015年入社)
・「こんなこともやっているんだ!」と知っていただける、比較的小規模な工事や少し特殊な工事についての記事を主に投稿します。

★小規模工事についての記事一覧はこちらをクリック

和室等に多く取り入れられる木部は、木の温かみでお部屋の雰囲気を良くしてくれます。

しかし、デリケートな素材である木をそのまま使っているため、シミや黒ずみが発生しやすく、更にそういった汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。

・新築の頃と比べると、木の色がくすんで見える…
・シミができてしまって、見た目が良くない…
・木の色が黒っぽくなってきて、部屋の印象が暗い…

上記のように汚れが蓄積してしまっている木部には、木部の汚れ落とし、「あく洗い」がおすすめです。

今回の記事では、その「あく洗い」について詳しくご紹介します。

1.木部の現状

今回工事を行ったのは、都内にあるお寿司屋さんです。
内装全体(床や天井クロス等)の改修工事のご依頼を受け、木部のあく洗いも一緒にさせていただくことになりました。

遠目から見ると、一見、綺麗に見えますが…

近くで見ると、色がくすんでしまっていたり、一部黒ずんでしまっていたりと、木部特有の汚れが見受けられます。

開閉によって摩擦の影響を受けやすい扉周りは、特にシミや汚れが目立ちます。

こちらのお店は、エアコンのカバーや排気口、食器等が入った棚も木でできていて、とってもおしゃれなんです。
…が、やはりこちらも全体的に汚れが目立ちます

木部のあく洗いで、木本来の美しさを取り戻しましょう!

2.あく洗いスタート!

現状が把握できたので、早速工事に取り掛かります。

(1)養生

あく洗いを行う前には、塗装工事を行う前と同様に、周りが汚れてしまわないように「養生」を行います。

色のついた塗料を使用する塗装工事と違い、あく洗いでは無色透明な洗浄剤を使用するため、万が一壁や床に付着してしまっても気づくのは困難です。
また、一度洗浄剤が壁や床に付着してしまうと、色や模様等が消えてしまいます。消えてしまった色や模様を復元することは、付着した塗料を落とすよりも遥かに困難です。

上記の理由に加え、今回は飲食店での施工だったため、特に細心の注意を払って養生を行いました。

棚のガラスの部分もしっかりと養生します。

養生が完了しました。

(2)シミ抜き

まず、シミ抜きを行います。

こちらのシミ抜き用の溶剤を木部に塗布して、汚れを浮き出します。

柱・長押(※)・扉といった広い面から

※長押(なげし)…柱を水平方向につなぐ部材のこと

扉周り・棚等の細かい部分まで、しっかりと洗剤を塗布していきます。

浮き出てきた汚れは、すぐに拭き取ります

拭き取れた汚れがこちら。

ごっそり取れています!!!

この「シミ抜き⇒拭き取り」の作業を2~3回繰り返し、木部のシミや汚れを綺麗に落としていきます。(繰り返す回数は、汚れの度合いによって異なります。)

(3)漂白

次に、漂白を行います。

こちらの漂白剤を木部に塗布し、シミ抜きで落とせなかったシミや汚れまでしっかり落としていきます。
また、木の色自体を白く漂白することで、素材そのものの色に近づけます。

漂白剤は、色ムラ変色が起きないよう、色の変化を注意深く見ながら少しずつ塗布していきます。
シミ抜きのように拭き取ったりはせず、ひたすら塗り重ねます。こちらも汚れの度合いによって異なりますが、3~4回塗り重ねていきます。

(4)施工完了

これにて施工完了です。
施工前と施工後の状態を比較してみましょう。

シミや汚れによって黒ずんでいた部分が綺麗になったので、お部屋自体が全体的に明るくなりました!

木の温かみをより感じられる、優しい雰囲気の空間になりましたね。

ご依頼いただいていた内装工事まで、全て完了した写真がこちらです。

内装工事に関しては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

3.参考費用

気になる参考費用は以下の通りです。

~8畳まで 6~8万円+税
(お部屋の状況や、施工する範囲により前後します。)

あく洗いのみのご依頼も大歓迎ですので、まずは一度ご相談ください。

4.木部のあく洗いは山陽工業へお任せください!

室内にあしらわれた木部は、お部屋の印象に大きく影響します。

温もりを目でも感じられるような、木の本来の美しさを取り戻しませんか?

「1部屋だけ」、「和室の中の、特に汚れがひどい部分だけ」といった、狭い範囲での施工も大歓迎です!

また、内装工事だけでなく、防水工事や塗装工事等の外装工事、その他建物に関するお悩みは何でもお任せください。

調査・お見積は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください!